北極ラーメン + バター(蒙古タンメン中本 上板橋本店)

2013年8月23日

13119 東京都板橋区 50000 食レポ 50100 麺類 51000 本店



東武練馬に用事がありまして
とは言っても上板橋との間、どちらかというと東武練馬に近いかな?くらいの場所
行きは東武練馬から歩き、帰りは上板橋へ歩く

すると赤い看板が見えてきました
そう、蒙古タンメン中本の本店です
全店制覇を目指しておりますが、本店は移転前に訪麺済
いま持っているスタンプカードにも本店のスタンプが押してある
なのでスルーしようかな?と思ったんですが
「訪麺済の店なら、いつも食べてる蒙古タンメン以外のを食べてみるってのはどう?」
という天使(悪魔?)の囁きが聞こえまして
辛さには慣れてきたし、ここらで北極に挑戦してみようかな?と安直に考えてしまいました

階段を上って2階へ
アイドルタイムということもあり並ばずに入店できました
券売機の前に立ち、恐る恐る北極のボタンをポチッと
もしかしたら辛さがマイルドになるかも?とバターも追加でポチッと
食券を店員さんに渡して着席、ドキドキしながら待ちます

店内のテレビを観ながら待っていると着丼
ついに真っ赤な怪物とご対面
表面には辣油(?)で油の層ができてますが…大丈夫か?

ビビリなのでレンゲにバターを乗せ、一生懸命溶かします
が、バターが固くて全然溶けません
面倒臭くなってスープの中に沈めました

バターの効果もないままスープを一口
(((( ;゚д゚))))アワワワワ
辛い!辛い!辛い!
ベースの味噌スープが辛い
そして舌にシッカリ残る唐辛子
中本で食べ始めた頃のように、体中の汗腺が開いて汗が吹き出るのを体感しました
これ、全部食べないとダメ…?

泣きそうになりながら麺を持ち上げます
いつもの蒙古タンメンなら白さが分かる麺ですが、北極となると赤く染まっています
そしてその麺にはビッシリと唐辛子が
このビジュアルだけで箸を持つ手が止まりそうになりますが、勇気を振り絞って口に運びます
( ´Д`)=3
麺自体はプリプリの手前くらい、僕の好きな食感なのですが
噛む度に唐辛子がジャリジャリします
う~~~辛いっすよ、先輩!(誰?

具はほぼモヤシ、スープの中には豚肉が入ってました
天地返しの要領で麺とモヤシを混ぜ混ぜ
もうちょっとモヤシが欲しいなぁ…モヤシマシってできるのかな?
豚肉は味覚が麻痺しちゃってたので「肉だね」としか反応できず

後半は徐々にバターの効果かスープの色合いがマイルドになった気が
でも辛さが和らぐことはありませんでした

なんだか耳の奥がジンジンして熱くなってきて
それでもどうにか麺と具を食べまして
スープも飲んでやろうと卓上の酢を投入しました
が、バターと酢って相性悪いんでしょうね
麻痺した舌でもちょっと微妙な味わいを感じ取り、なんとか半分は飲みましたが、それ以上は無理でした

メルマガのサービスウーロン茶を一気に飲み干して退店
外はすごく暑かったのに激辛急激摂取で若干寒気、明らかに体調が変化してましたね
その後、数時間は胃に鈍痛を感じました

11店舗も回りましたが、僕にはまだまだ修行が足りないようです
まずは全店制覇、辛さへの追求はそれからにしたいと思います

以上、レポっす