Subscribe: follow us in feedly

2015年4月26日日曜日

2015/4/26 今月のスペシャル(毛蟹10kg+白ハマグリ5kg)(宗家一条流がんこラーメン 池袋店@池袋)



前日のブログの告知を見て
どうしようかな?と店の前まで行ったら
1席空いてたので食券購入して入店

店に入ったらカニの匂いが充満してるしw
Luisのおやっさん、顔色ちょっと良くなったっぽい
暖かくなってきたからかな?
程なく着丼
毛蟹ちゃんがチョコンと乗ってて可愛いですな

まずはスープから
黒悪魔ベースですね
カニとハマグリの超濃厚な出汁に超しょっぱいカエシ
ブログにそう書いてあるから転載してますけどね
実際に飲んでみるとカニとハマグリってわからんですよ
だって旨味成分があまりにも強過ぎるんだもん
更にカエシが強烈だから無化調なのに舌が麻痺しそう
まぁそれが悪魔なのですがw

麺はいつもの中細麺
ツルモチで安定の美味しさ

具はチャーシュー2枚、デカいバラ肉、ネギ、シナチク、海苔、そして中央に毛蟹ちゃん
バラ肉もかなり濃い味付け
生姜を効かせてて美味い
ご飯のお供にしたいですな
毛蟹ちゃんは食べ易いようにハサミが入ってました

こんなの食べたら血圧上がって血管ブチ切れちゃうよ!
とか思いながら完飲完食w
がんこでスープ残すなんてあり得ません

29日にはGW企画なのかスッポン使うのをやるらしい
先着30人は血を飲めるとか
どうするかな?

以上、レポっす

2015年4月25日土曜日

2015/4/25 味噌そば(饗 くろ㐂@浅草橋)





塩そばに続いて味噌そば

あれ?
汁なし?
と思うくらいスープが少なめ

まずは混ぜずにスープから
舌を優しく撫でるような白味噌に仄かな甘さを感じます

丼の中央に赤味噌が乗っているので混ぜてみると…底から銀色の粉が
あ、煮干粉か!
よーく混ぜ混ぜして再度スープを
いや~~恐れ入りましたよ
この煮干粉のパンチ力!
味噌と一緒になることで猛烈に襲いかかってきます
最初の優しかった味噌はどこ?
これは凄い!

麺は太麺、もちろん自家製
モチっとした食感でありながらしっかりしたコシがあり
そしてスープが絡む絡む
ニヤニヤしちゃうくらい美味しい

具は大きなバラチャーシュー、キャベツ、タマネギ、モヤシ、ニンジン、ニラ
チャーシューは味付け控えめ、しっとり柔らか
野菜類はこの味噌スープと渾然一体となり

無我夢中になって一気に完食
ちょっとだけスープが残るので
ここにご飯を入れて食べたらきっと美味しいだろうなぁ
でも少食だからご飯は諦めました

世の中にはいろんなラーメンが存在するけれど
この店主さんが表現する味噌ラーメンはこういうものなんですね
すんごいなぁ…

塩を食べてる人の方が圧倒的に多いけど
この店のオススメを聞かれたら塩と答えるけど
僕は味噌、断固味噌、絶対味噌!
今後この店では味噌しか頼まないでしょうね
そのくらいハマりました

以上、レポっす


東京都千代田区神田和泉町2-15

2015/4/25 塩そば(饗 くろ㐂@浅草橋)






遠征で3日も休んだので仕事が溜まっていましたが
真面目にがんばったので定時で終了

浅草橋の饗 くろ㐂へ訪麺
確か3回目かな?
20時半着、閉店間際だからか並び6名でラッキー

並んでる途中で食券を購入
遠征でたくさん食べたので胃が大きくなってしまったのか
少食なのに塩と味噌の両方ポチッてしまいましたw

並び始めから入店、着丼まで30分くらいかな?
塩を先に出していただきました

塩は以前食べてますが再確認
スープは鶏がらと鰹出汁が良く出てましたね
麺は以前食べたときより蕎麦っぽく感じました

塩ラーメンの完成形と言っても過言では無いくらい美味しい
だから…つまらない(笑)
ちょっとくらい欠点があって欲しいよね
ていうか、こんなに美味しいのをたった850円で提供しているなんておかしいんじゃないの?
僕がラーメン屋だったら怒りますよ!
ただの一般ピーポーですからおとなしくしてますけどねw

以上、レポっす

味噌に続きます


東京都千代田区神田和泉町2-15

2015/4/25 冷し味噌やさい + ねぎ(蒙古タンメン中本 東池袋店@池袋)


遠征に行くと食べ過ぎて胃腸がもたれますからね
カプサイシンで刺激を与えて活性化させねばなりません(義務?)
ということで久しぶりに中本へ
1ヶ月ぶりかな?

券売機の上部には「肉豆腐醤麺」「冷し肉醤麺」が「東池袋店限定」として掲示されています
ん?
中本メルマガでは限定メニューをやっているだなんて全く告知されてませんけど…w

店内待ち10名くらい
残り6人となったところで1席空き
待ちが2人組+4人組だったので6人抜きで席に案内されました

程なく着丼
このメニューは何度も食べてますからね
おおまかなとこは省略w

いつものより細いモヤシでシャキシャキだったなー
やっぱり中本ではこのメニューが一番好き

麺が変わった?
気のせい?

以上、(短め)レポっす

2015年4月24日金曜日

2015/4/24 らー麺(麺屋 吉祥@新潟県妙高市 新潟遠征16軒目)




新潟遠征16軒目

たちばなの後に寄ったのは麺屋吉祥
道の駅あらいに店舗を構えています

すぐ近くに食堂ミサという味噌ラーメンが美味しいと地元で有名なお店があり
知人の何人かに勧められましたが
「美味しい」というのは僕の中ではあまり優先順位が高くなくて
(まぁ今回はとん汁ラーメンの後、味噌が続くのが単に嫌だったからなのですがw)

じゃあなんで吉祥を選んだのかというと
「上越革麺会」という上越のラーメン店の集まりに参加しているから
ラーメン店店主同士で意見をぶつけあい切磋琢磨しているんじゃないか?と思ったからです
老舗店や有名店に行くのも良いけれど
それだけじゃ見えてこないものもあると思うんです
せっかくの遠征ですから地元で頑張っているラーメン店を応援したいですしね

ということで勇んで入店したものの
雰囲気からなんとなく嫌な予感…

テーブル席とカウンター席があり
おひとりさまですからカウンター席に座ります
そしたらバイトと思われる女性店員がスタスタと水を持ってきて
「ご注文がお決まりになりましたら~」
的な、よくある挨拶をして

そしてメニューを見ていたら
今度は氷水の入ったポットを僕の真ん前にドカッと置いて
え?
これからラーメン食べるんだよ?
真ん前に置いたら邪魔じゃん…
ま、僕は接客に関しては気にしない方なので別にそのくらいじゃ怒りはしませんけど

メニューはいろんなのがあったんですけどね
とりあえずデフォのを注文しました
そしたら何も言わずに去っていく
いや、別に「かしこまりました」とか「ありがとうございます」とか言わなくても良いけれど
メニューに「黒たまり醤油」と「白煮干醤油」が「選べる」と書いてあるじゃない?
その確認はしないの…?

立ち上がって厨房にいたオバチャンに
「醤油って選べるじゃないんですか?」
と聞いたら
「何も言われなかったら黒でーす」
と脳天気な返事…
ま、僕は接客に関しては気にしない方なので別にそのくらいじゃ怒りはしませんけど(再)

入店したときに感じた嫌な予感
それは
「店主不在」
何か用事があってバイトやパートに任せてたんだろうなぁ
店主さんが常に店にいなくちゃいけないとは思わないけれど
そういうタイミングで入店してしまったのは不運

こうなるとただの消化試合
何の期待も無しに店内のテレビを見て待機
程なく着丼

まずはスープから
煮干を効かせた醤油スープ
気持ち酸味がありつつも動物系の出汁でフォロー

麺は中細縮れ麺
ちょっと固めの茹で加減
スープとの馴染みがちょっと悪い

具はチャーシュー、シナチク、ネギ、海苔
今回の遠征を通して言えることだけどやはり新潟の豚は美味い

同じ材料を使っても作り手で全然違うという好例
全体のバランスが非常に悪い
店主さんがいたらきっとこんなの出さなかっただろうなぁ
まぁどうにもならないことを言っても仕方ない
あちこち食べ歩いてればこういうこともあるでしょう
ササッと食べ終え、お会計して退店

これにて新潟遠征は終了
とても楽しい3日間でした
今回は新潟の上っ面を撫でただけ
次回はもっと深く掘り下げていろんな店に寄ってみたいと思います

以上、レポっす


新潟県妙高市大字猪野山55-15 道の駅あらい

2015/4/24 とん汁ラーメン(とん汁のたちばな@新潟県妙高市 新潟遠征15軒目)





新潟遠征15軒目

斐太史跡公園の後はたちばなへ
新潟には4大ラーメンと言われているラーメンがありますが
初日に食べたカレーラーメンと、ここで提供されているとん汁ラーメンを合わせて6大ラーメンと呼ばれています
誰が呼んだか知らないけどw

入店し、一応メニューを見るけれど
注文したのは予定通りとん汁ラーメン

他にお客さんがいなかったのですが
僕が注文をしたら奥から
「こだわりのとん汁を作ってますよ」
的なオーラを持ったオヤジさんが出てきて麺茹でを始めました
鋭い目付きでオペレーション
そして完成すると助手さんがお盆に乗せて持ってきてくれました

その後、オヤジさんは引っ込んでしまいましたが
次のお客さんが来たらまた出てきました
こだわりの頑固オヤジだけど恥ずかしがり屋さんなのかな?w

まずはスープから
白味噌ベースの優しいスープ
すんごい甘いのだけれど、それは砂糖でも味噌でもなく
タマネギの豚の脂から出てる甘さ
それが重なってチョーーー美味い!
とん汁のレベルを極限まで高めたというか
いままで食べたとん汁とは桁違いの美味しさ

その代わり麺はチョー普通w
黄色いよくありがちな中太の縮れた中華麺
ていうか、とん汁に合わせるのはどんな麺が良いのだろう?
合ってないわけじゃないのだけれど
もっとベストな麺がありそうな気がする…
だけどとん汁ラーメンなんていままで食べたことがないからわからないw

具は豚バラ肉、豆腐、タマネギ、ネギ
豚肉と味噌の相性ってほんと良いですね
ていうか、そもそも新潟の豚肉って美味いんじゃないかな?
豆腐は結構デカいのがゴロッと
タマネギはクタクタに煮込んであって舌で上顎に押し付けると溶けちゃいそうなくらい
それがいっぱい入っててシアワセ

まだお腹が苦しかったけど完飲完食でごちそうさまでした
どうしたって飲み干しちゃうよなぁ
あと、余裕があったらご飯も一緒に食べたかった
至高の一杯を堪能して店を後にしました

以上、レポっす

2015/4/24 宝来軒 本店(新潟遠征 番外編)

当初の予定では春日山城の後に寄る予定だったのですが
少食なのに既に4杯もラーメン食べてお腹がいっぱいなので先に高田公園に行き
どうにか落ち着いたところで宝来軒へ

ところがグーグルマップのナビを頼りに向かうも看板が見当たらない
おかしいなぁと周辺をグルグルしたら…
なんと!
リニューアルでお休み(´;ω;`)ブワッ
建物に足場が組まれてて看板が見えなかったから気付くのにも時間がかかったりして
なんで遠征のときにリニューアルなのよ…

次回の新潟遠征のときには綺麗になったお店に伺いたいと思います

2015/4/24 並盛ラーメン(上越家@新潟県上越市 新潟遠征14軒目)








新潟遠征14軒目

あごすけの後は上越家へ

本当は前日の夜に食べるはずだったのですが
某クチコミサイトに23時までと書いてあったので
近くのスーパーでお土産用にサラダホープを大量購入しw
そこの駐車場でお腹を休め
22時半に伺ったら…営業が終了していました(´;ω;`)ブワッ

改めて別のクチコミサイトを見たら営業は22時までとなっていて
あーーまたまたチェックミス!
いつになったらこんなレベルの低いミスをしなくなるのだろう?
(某クチコミサイトの営業時間はちゃんと直しておきました)

家系直系全店制覇を目指していますからここは絶対に外せません
スケジュールを調整して改めて伺った次第

入店して券売機
券売機奥に畳の座敷がありますね
何かトッピングしようかと思ったのですが
あごすけで連食しちゃったのでお腹がキツくなっています
ノーマルの並盛だけをポチッとしカウンター席に着席

店主さんとかなり若い店員さんが2名、接客担当の女性店員さんが1名、の4名体制
店主さんは殆どフォローのみ
若い店員さん2人に任せている感じ

コールは「味濃いめ、油多め、麺柔らかめ」
接客の人は中の人へ味濃いめを「あじこめ」と伝えていましたね
直系なのに?
まぁそこまで細かいことは気にしなくても良いでしょう

麺茹で担当の店員さんのしっかりした動き
茹でる前に麺をきちんと解したり、接客担当の人がいるのに店内を見ていたり
かなり鍛えられているんだなぁ
家系だからそんなの当たり前と言ったらそこまでですが
横浜から200km以上も離れた新潟の地でそれが見られるとは思いませんでした
そんなことを考えていたら着丼

まずはスープから
キレのある豚骨
味濃いめにしましたがそこまでカエシは強くなく
鶏油の甘さが素晴らしい
豚と鶏が関東と違うからなのか似て非なるものに感じます

麺は太平打ち麺
麺箱は確認できませんでしたが間違いなく酒井製麺
ていうか、茹で加減が最高で
お兄ちゃん、若いのにやるねぇ!
良い腕してるよ

具はチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚の家系3点セットとネギ
チャーシューはしっとり柔らか極上もち豚、2枚も乗っていました
これが激ウマで
新潟だから食べられるのかな?
テイクアウトしたいくらい美味い

このまま食べても問題ないのだけれど
一応ニンニクと刻みしょうがを投入して
最後は酢をまわしかけて
あー素晴らしい
なんでこんなに美味しいのかなぁ?
腹パンだけど完食&スープ半分でごちそうさまでした
スープを残すことがツラい…

酒井製麺から麺を取り寄せたら輸送費だってそれなりにかかるだろうに
このクオリティを650円で提供していることに頭が下がります
これからもこの地で美味しい家系を作ってくださいね
応援の意味を込め、大きな声で
「ごちそうさまでした!」
と言って店を後にしました

以上、レポっす


新潟県上越市下源入173-1