Subscribe: follow us in feedly

2015年1月23日金曜日

2015/1/23 煮干らーめん(煮干鰮らーめん 圓@八王子)




中央線プチ遠征ラストは圓
八王子駅で降り
ネオンから届く怪しい誘惑をどうにか振り払いながら訪麺w

タイミングが良かったのか空席あり
食券を購入して席に着きます
その後バタバタとお客さんが来てすぐに満席になりました

あ、客席後方にあった製麺室が無くなってる
店内待ち出来るよう移動したようですね
BGMも無くシーンとした店内
おとなしく待っていたら着丼

まずはスープから
以前より煮干感が強くなったかな?
カエシは逆に控えめで
煮干をトコトン味わえる形にしたのかも
苦味もエグミも旨味に昇華させたこのスープ
初めてここに来たときは雷に撃たれたかのような衝撃を受けました
その後何度か来ていますから流石にそこまでの感動はありませんが
それでも凄いスープであることに何ら変わりはありません

麺は細ストレート
全粒粉入りの綺麗な麺です
パツパツの手前くらい、程良い食感
ザバッザバッと啜ると煮干の香りが鼻孔をくすぐります

具はチャーシュー、シナチク、半身の味玉、ネギ
チャーシュー2枚と味玉を乗せて720円とかあり得ないんだけど
しかも安かろう悪かろうどころか激ウマですからね

3軒目なのにまたまた完飲完食
いくら少食とはいえ、こんなに美味しかったら仕方ない

中央線プチ遠征
どこも特徴があって良かったなぁ
定期的にこのルートで食べ歩きたいですね

以上、レポっす

2015/1/23 醤油特製らー麺(くじら食堂@東小金井)








三鷹食堂いなりを出た後
2駅先の東小金井駅で降りてくじら食堂へ

入店したら下村店主にすぐに挨拶されました
下村店主とも昨年の某忘年会でさせていただいており
まぁ昨年のTRYラーメン大賞にて新人賞を総ナメにしているお店ですし
店主さんを知ってる知っていないは関係なしに
いつかは伺わなければならないと思っておりました

食券を渡して待っていると下村店主が話し掛けてきて
「どこか寄ってきたんですか?」
「三鷹食堂いなりさんでいただいてきました」
「この後は?」
「う~ん…八王子に行こうかな、と」
「じゃあ…圓ですね!」
完全に行動を読まれている!www
そんなやりとりの後に着丼

まずはスープから
カエシと煮干が優しく舌を撫で
後から動物系がスーッと
でもけっして弱々しくはなく、ブラックペッパーで味わいを補強
好みの問題もあるし
最初からブラックペッパーを入れるって勇気のいることだと思うんですが
そういう大胆不敵なところが好印象

麺は手打ち風の幅広な太麺
麺茹で前にしっかりと手揉みしていました
スープを良く吸っているものの伸びた感は皆無
啜り心地がとても気持ち良い

具はチャーシュー、シナチク、味玉、ネギ、海苔
意味もなくチャーシューを炙っている店って多いけど
こちらはその効果をちゃんとわかっているから炙っているんだなぁ
ネギが美味しく感じられる店って良店が多いと僕の中で勝手に認識しているのだけれど
まさにそのど真ん中でネギが美味い!

2軒目なのにまたまた完飲完食
次もあるからスープ残そうと思ってたのに我慢できなかった…

最後に再度挨拶して退店
塩やつけ麺も早めに食べに行こうと思います

以上、レポっす


東京都小金井市梶野町5-1-19

2015/1/23 特製中華そば(三鷹食堂いなり@三鷹)




仕事で東中野に用事がありまして
今日はそのまま直帰
なので中央線プチ遠征をすることにしました

1軒目は三鷹食堂いなり
昨年、某忘年会で伊東店主とご挨拶させていただいていて
早くお店に伺おうと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず
年が明けて何日も経つ今頃になってようやく訪麺

入店して券売機とニラメッコ
左上の法則で豚骨にしようかと思いましたが
今日は豚骨という気分じゃなかったので隣の中華そばをポチッと
ほぼ満席の店内
どうにか空いていた席に座り食券を渡します
塩と醤油が選べるとのことで醤油にしました

店内のテレビでサッカーが流れていて
ボーッと観ていたら着丼しました

まずはスープから
甘みのあるカエシと甘みのある香油
喧嘩せず上手に融和して
これ、美味し~い!
油多めなのになんでコッテリ感がないんだろ?

麺は平打ち中太麺
舌触りなめらか、そしてモッチリした食感
スープと麺のマッチ度が素晴らしく
他の組み合わせはあり得ないんじゃないか?と思うくらい

具はチャーシュー、シナチク、味玉、ほうれん草、刻みタマネギ、岩海苔
チャーシューは綺麗なピンクのレアタイプが2枚
味玉は白身がしっかりしているのに中はトロットロ
黄身が口から溢れそうになっちゃったw
岩海苔が次第にスープに溶け込んでいき風味が広がっていくのも良いですね

お腹が空いていたということもあり
あっという間に完飲完食してごちそうさまでした

最後に軽くご挨拶だけさせていただいて退店
早く豚骨の方も食べに来たいですね

以上、レポっす

2015年1月22日木曜日

2015/1/22 カレー浸け豚そば(俺の空 池袋店@池袋)





1月22日はカレーの日だそうで
お調子者の僕はそういうのにすぐ釣られ
カレーのメニューがある俺の空へ
会社から歩いて5分もかからない場所にあるけれど
もしかしたら2年以上ぶりかも?

ラインナップは掛け豚そば(ラーメン)、浸け豚そば(つけ麺)、和え豚そば(まぜそば)
何度か来てるけどラーメン食べたことあったかな?
つけ麺とまぜそばは、ホットかカレーを選べます(無料、選ばないというのもあり)

で、前述の通りカレーの日なので
浸け豚そばをカレーにしたわけですが
カレーの風味をつけましたよレベルで残念
デフォのややシャバな魚豚スープにカレー粉を入れただけなのかな?

で、冷たい麺をスープに入れれば当然スープが冷めるわけで
すると油分とカレーが結び付く
それが歯の裏にネットリと残るのがなんだかアレです

麺はウェーブのある中太麺
プリっとした食感はまぁまぁ良いです
スープとの絡みはイマイチですが
でもスープの中に入っている解れたチャーシューが繋ぎ的な役目をするので食べ易さはあります

具はその解しチャーシュー、1口大のチャーシュー1個、刻みタマネギ、浅葱
ちょっと寂しいですなぁ…
以前、カレー無しで食べたときは刻みタマネギが良い働きをしてると思ったけれど
カレーを入れるとタマネギの苦み辛みをダイレクトに感じて微妙

カレーなんて入れずに普通に食べる方が美味しいですね
800円はちょっと高いかなぁと思いつつ
まぁ大盛まで無料だからこんなもんですかね


以上、レポっす


東京都豊島区東池袋1-31-7 東池袋原ビル1F

2015年1月21日水曜日

2015/1/21 塩そば + 塩豚めし(塩そば専門店 桑ばら@池袋)




今日は桑ばらへ
今年に入ってから初ですね
去年はここで11回も食べてました
同じ店にはあまり行かないんですが
ここは当日にならないと何が提供されるかわからない裏そばがあるので
「また池袋で食べるのか~」
というときでも利用しやすいんですよね

で、裏そばにしようかと思ったのですが
納豆つけ麺という微妙なメニューだったので気分が乗らず
今年初だし、チャーシューが変わったという噂も聞いたので
素直にデフォの塩そばをセレクト
ピッタリ1,000円になるのでついつい塩豚めしも追加してしまいました

もう何度も食べてるので今更レポするのもなんだかアレですが
鶏ガラベースのクリアでしょっぱいスープ
海苔の上のホタテパウダーで味に深みが出ます
麺はパツンとした歯応えの低加水細ストレート
チャーシューは特に変わってなかったですね

塩豚めしは甘じょっぱい塩ダレを絡めたチャーシュー丼
焦がし葱の香りが良いです

食べてる途中で店員が
「裏、残り5でーす」

13時には売り切れることもある裏そばが
14時過ぎてもまだそれだけあるなんて
おもわず
「今日の裏そばは全然出てないのね」
と話し掛けちゃいました
店員も
「はい…」
と苦笑い
裏そばを食べてあげれば良かったかなぁ…w

以上、レポっす

2015年1月20日火曜日

2015/1/20 ローメン(新東洋@上野)





上野市場調査もこちらが最後
アメ横で60年もの歴史を持つという老舗・新東洋
ここには「ローメン」という不思議な麺があるらしい

ローメンというと長野県伊那地方のマトンを使ったラーメンが有名ですが
こちらのそれとは別の完全オリジナルで
しかも創業時からずっと同じレシピで作り続けているらしい

らしい、らしい、じゃ想像の域を超えません
ちゃんと自分の目で見て、そして実際に食べてみなければ
ということで伺ってきました

夜なので既に宴会を始めているグループが良い感じに出来上がっています
それを横目に席に座り
食べるのが決まっていますからメニューを見ずにローメンを注文

店内のテレビではサッカーが流れていました
そういえば今日は日本とヨルダンの試合だったっけ…
とぼんやり眺めていたら着丼
「良く混ぜて食べてね」
とのこと

混ぜてみると…
あれ?
スープは無いの?
麺の上に餡掛けを乗せてるだけ…?

餡掛けは豚肉、ニンジン、ピーマン、キクラゲ、タケノコ、モヤシ、タマネギ
それらを更に卵でとじています

味付けはいわゆる五目餡のような感じ
卵が入っているからかややマイルド
ていうか、熱くてヤケドしそうになりますw

麺は細麺でかなり柔らかい
箸で持ち上げると麺に餡がタップリとくっついてくるので重たいw

食べ進めていくと
餡が溶けてスープになっていき
あらあら、いつの間にか五目ラーメンみたいになっちゃった
なんなのこの不思議な食べ物は!w

途中でお酢を貰い
五目焼きそばで良くやるように回し掛け
これこれ、期待通りの定番の美味しさ
熱さも落ち着いたので
スルッと食べ終えてごちそうさまでした

台湾系は日本人の口に合うし
だからきっと他のメニューも美味しいはず
ここも友人たちと集まっていろんな料理を食べてみたいなぁ

以上、レポっす

2015/1/20 雲呑麺(チラナイサクラ@御徒町)





上野市場調査 番外編
この前に他の店に行ったのですが
臨休でフラれてしまったため急遽こちらへ

昨年12/11にリニューアルした御徒町駅高架下のらーめん横丁
その際にオープンした新店
長野を中心に店舗展開するボンドオブハーツのお店だそうです
ラヲタの有名な方々はオープン後に続々と伺っていましたが
僕はただの一般人なので今頃になって訪麺です

入店して食券を買おうとしたら
えっ!
厨房に塚田店主!?
なんでこんなとこにいるの???
普通の店員のようにオペレーションしてるしw
浴衣を着た女性が数名がいるけど接客のみ
オペレーションは塚田店主だけ
もしかして人手不足なのかしら…

ワンタン大好きなので雲呑麺をポチッと
(表の看板にはワンタン麺と書かれていたけどどっちが正しい表記なんだろ?)

奥のカウンター席に案内され着席
お盆とレンゲが既に置かれています
レンゲには桜の可愛いデザインが
浴衣の女性店員が可愛いなぁ…と鼻の下を伸ばしていたら着丼w

まずはスープから
鶏ガラの他にカマス干やハマグリなどを使っているそうですが
鶏ガラ以外はあまり感じず…
カエシ強め、たまり醤油みたいで結構濃い
見た目からは想像できない不思議な味わい

麺は平打ちに近い中細麺
麺肌がツルツルで舌触りなめらか

具はチャーシューではなくベーコン、鶏肉、白髪ネギ、ほうれん草、三つ葉、ワンタン
アグー豚のスモーキーなベーコンは美味しいけれど…ラーメンに合わせるのはどうなの?
(これを使わなくちゃいけない、という大人の事情がありそうw)
鶏肉はガツンとニンニク味
白髪ネギにも味付けしてあるかも(スープに浸かっちゃったのでわからず)
ワンタンはまん丸の肉餡でてるてる坊主みたいw

店内のデザインや浴衣を着た女性店員などで和を演出しているけれど
いろんな味を重ねて重ねて作っているのでかなりヘビー
今日は食べなかったけど餃子もこだわっている様子
もしかしたらラーメンだけでなく餃子とライスも一緒にガッツリ食べるのが良いのかも?

デザイン優先でレンゲが小さいためスープが飲みづらい、とか気になる点もいくつか
開店して1ヶ月ですから今後いろいろと変更がありそうですね
ま、目の保養になったので良しとしときますw

以上、レポっす

2015/1/20 ラーメン + 炒飯(珍々軒@上野)



前回の上野市場調査でも来ましたが
ここの炒飯が美味しいという話を聞いたので再訪
普段あまり米は食べないんですけどね
少食ですが何故かラーメンもいただきますw
ラーメンは鶏ガラ主体と思われるシンプルなもの
生姜がほんのり効いていて
ご飯ものを食べるときのスープ代わりにもなります
チャーシューはシッカリした焼き豚ですね
500円で出しているにしてはクオリティ高いです

炒飯もかなりシンプル
味付けは塩のみ
胡椒を使っていません
あとは細切れのチャーシューから出る味でまとめています
米は水分が程良く飛んでパラパラ
口の中でのほぐれ具合がお見事

少食なのにガッツリ食べてしまい腹パン
普段使いに最適なお店ですね
近所にあったら通ってしまうと思います

以上、レポっす


東京都台東区上野6-12-2