Subscribe: follow us in feedly

2015年5月21日木曜日

2015/5/21 汁なし担担麺(​キング軒@広島県広島市中区 広島遠征11軒目)







来頼亭の後
ホテルに戻…らずにキング軒へ
広島に来たら広島ラーメン、冷麺、そして汁なし担担麺を食べなければなりませんからね(義務?
汁なし担担麺を出しているお店の中でも特に最近良く耳にするキング軒
近々東京都内にも出店するということで
(このブログを書いている時点では既に出店済み)
ちょうど宿泊先にも近いし食べてみることにしました

入店し、券売機で2辛(基本の味)のボタンをポチっとな
しかし580円というのは安いですねぇ
いくらスープが無いとはいえ、この価格はありがたい
まぁ来頼亭の中華そばも580円だったことを考えると妥当な価格なのでしょうか?
でも新華園の冷麺は1,000円だったけど…w

食券を渡し、厨房側のカウンター席へ着席
卓上には味変アイテム
わかりやすくシールが貼ってあります
また、おいしい食べ方という説明書きもあります
広島では汁なし担担麺が浸透しているのかと思いましたが
それでもこうやって親切に説明書きを定時しているんですね
読んでいたら着丼

食べる前に30回以上混ぜるとのことでしっかり混ぜ混ぜ
回数は数えませんけどねw
ある程度均等に混ざったらいただきます

麺は細ストレート
汁なしだから太麺かと思ってました
この細さが広島式なのでしょうか?
小麦感を感じる良い麺ですし、誰も良く絡みます

タレは2辛ということで程々の辛さと痺れ
辛さはもっと強くても平気だけれど痺れはこれが限度かな?
豚ひき肉の甘みが感じられてGood
ネギも麻辣に負けずに主張しててこれも良い

説明書きには最後にライスを入れて坦坦ライスにするのをオススメしてるけど
少食ですからライスは食べずにごちそうさま
食べ終えたらタレやひき肉はそんなに残ってなかったので
坦坦ライスにするなら具材が残るようにしながら食べる方が良いのかも

美味しいんですけどね
東京でもきっと流行るでしょうけどね
なんだろう…
好みの問題というか
汁なしだったら太麺で食べたいなぁと
細麺を否定するわけじゃないけれど
広島式は細麺という定義があるなら仕方ないけれど

あと、この大きな丼は何か理由があるのかな?
(混ぜやすいようにするため?)
ちょっと食べづらかった

どちらも食べ慣れれば気にならなくなるのかなぁ?
そんなこと考えながら店を後にしました

以上、レポっす

この後は一旦ホテルに戻って休憩
汁なし担担麺を一大ブームにさせた店

0 コメント:

コメントを投稿