Subscribe: follow us in feedly

2014年2月28日金曜日

2014/2/28 小ラーメン豚入り(ラーメン二郎 目黒店@目黒)





友人と目黒二郎(通称:メグジ)に行くことになりまして
彼はGoogle+というSNSで知り合った生粋のジロリアン
その知識はものすごく
二郎のことを語り始めると1時間でも2時間でも話し続けます
僕はジロリアンではないし、ジロリアンになろうとも思っていませんが
彼の知識はとても勉強になるのでいつも頷きながら聞いています
今回はそんな彼の誕生日祝い
1月が誕生日なのにタイミングが合わず2月最終日になってしまいました

僕の方が先に仕事を終えたので近くのモスバーガーで待機
お腹ペコリーノだったのでモスで何か食べちゃおうかと思いましたが
二郎でもしも残してしまったらギルティのレッテルを貼られてしまいます
アイスコーヒーで我慢しました
しばらく待つと彼が仕事を終えてやってきたので一緒にメグジへ

列に後続
途中で食券を購入、15分くらいで着席、5分くらいでコールタイム
「ヤサイニンニクアブラ」
そして着丼
メグジは去年の夏に来て以来
そのときも感じましたがやはり量が多くなっていますね
モスで食べなくて良かったと安堵

まずはヤサイから
背脂とニンニクを混ぜながらいただきます
これだけで料理として成り立つんじゃないか、と思うくらいの美味しさ
適度に染みたカネシが下支えしています

ヤサイをある程度食べたら天地返し
麺は二郎らしい平打ち麺
ちょっと固めの茹で加減でポクポクした感じ
もうちょっとスープに浸しておいた方が良かったか?
でも世間一般的にはこの方がウケるかもしれない

スープは非乳化でカネシをしっかり感じる
乳化したスープも良いけど僕はやっぱり非乳化の方が好きだなぁ
ついゴクゴクと飲んでしまう

豚はとても柔らかくホロホロと崩れる素晴らしい出来
口に入れると幸せを感じるし、崩れた豚は麺に絡んで美味さを引き上げる

ほぼノンストップで食べ終えて
スープは半分くらいで自主規制
全部飲みたいところだったけどグッと我慢して退店

メグジはまだ片手で足りるくらいしか行ってませんが
そんな中でも今回のは一番美味しかったですね

友人も久々の二郎を堪能した様子
喜んでもらえたみたいで良かった良かった
途中まで一緒に帰宅
今度は川崎店に行こうと約束して別れました

以上、レポっす

2014年2月27日木曜日

努豚骨(本格博多豚骨ラーメン豚野郎@中野)





ホープ軒を出た後、千駄ヶ谷駅から中野に移動
中野での用事の前にもう1軒
TRY本で豚骨部門新人賞を受賞した豚野郎へ向かいます
なんとも気合いの入った店名ですこと

中野駅からテクテク歩くこと10分くらい
普通の住宅街の中にお店があります
こんなとこでよく営業してるなぁ

入店すると入口左手に券売機
初訪なので基本メニューと思われる努豚骨をポチッと
こちらのお店では替玉の他に豚骨雑炊という追い飯のようなものが用意されています
2軒目なので替玉や雑炊も食べるかどうかは後で考えましょう
少食ですからね、もしかしたら残してしまうかもしれないし

席に着いて食券を渡します
麺の固さは特に指定せず
僕の鼻の調子が悪いのか、店内はさほど豚骨臭はありません
まぁこんな住宅街のど真ん中で豚骨臭がガンガンしてたら近所迷惑になりますからね
とか思ってたら着丼

豚骨臭がしないにもかかわらず、かなり泡だったスープ
レンゲですくって一口…ものすごいドロドロw
カエシが結構効いててややしょっぱめ
ニンニクも最初からスープに入れてあるっぽい
油っぽさがあまり無いのは良いかな?

麺は細麺
丼の中で綺麗に整えてあります
特に指定しなくても固めの茹で加減でザクザク感あり

具はチャーシュー、浅葱、白胡麻(胡麻は具とは言わないかw)
チャーシューは小さいけどトロッと柔らかいものが3枚

替玉・雑炊はやめときました
食べられないこともないけど2軒目だしね
ごちそうさま、と挨拶して退店

博多を謳ってるけど、ここまで濃厚だと久留米系なんじゃないかな?と思ったら
どうやら魁龍の孫弟子になるようですね
カエシが効いてるので東京ではウケるかも
ラーメン屋は立地じゃないとは言え、もう少し場所が良い所なら繁盛しそうな気がしますが…
博多豚骨ちゃんぽんという珍しいメニューもあるのでまた寄ってみます

以上、レポっす

チャーシューメン(ホープ軒 千駄ヶ谷本店)




原宿に用事がありまして
用事が済んだら千駄ヶ谷方面へ歩きホープ軒へ
前日に吉祥寺のホープ軒本舗に行ったこともあり、久々にこちらも食べてみたくなりました

家系からラーメンにハマったので、当然ながらホープ軒も大好き
以前新宿御苑前で働いてたときは週に一度は食べてたと思います
転職してからは来てないので4年ぶりくらいですね?

お店に着いたら綺麗になっててビックリしました
そういえばリニューアルしたんですよね
リニューアルしても立ち食いのスタイルは変わってないんだw

券売機でチャーシューメンの食券を購入
食券を渡して「油多め」コール
ココで食べるならギトギトにしなくちゃね(なぜ?)
久しぶりなのでワクワクしながら待つこと7~8分で着丼

来ましたよ、来ましたよ、ギトギトゴッテリなやつがw
スープ表面は油膜、チャーシューもシナチクも油でテッカテカです
下手をすると油だけ飲むことになりますから、よくかき混ぜてからスープを
力強い豚骨臭、家系よりは薄めの茶色だけどキリッと醤油が効いています

卓上にはアルミのザルに葱、入れ放題です
丼を葱で覆い尽くすくらいタップリ入れます
そうすると何故かコッテリ感が和らぐんですよね
だったら油多めにするなよ、というツッコミは無しでw

麺は角断面の太麺
スープに負けない力強さ、小麦がミシッとしていてコシのあるシコシコ麺
太麺好きの僕のハートを捉えます

具はバラ肉のロールチャーシューがタップリ
歯で噛み切るには少々固い肉質のチャーシュー、脂身の部分で引きちぎる感じでガブっといただく
他には茹でモヤシとシナチク
タップリ入れたネギとモヤシの食感が良いっすねぇ

半分食べたところでニンニク投入
豚骨醤油だもの、ニンニクが合わないわけがない

息をつく間もなく一気に完食
スープは半分くらいで我慢
昔は完飲してたけど、さすがにいまは飲めないわw

久しぶりだったけど変わらぬ美味しさ
しかと堪能させていただきました

以上、レポっす

2014年2月26日水曜日

虎洞つけ麺(麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺)






ホープ軒本舗を出た後
せっかく吉祥寺に来たからもう1軒寄りたい
迷った挙句、麺屋武蔵 虎洞へ訪麺
麺屋武蔵もコッソリ全店制覇を狙っています
全店制覇したところで誰も褒めてくれませんけどね

夜9時を過ぎても満席
食券を購入したところでちょうど席が空いたので着席
食券を渡すと麺量を聞かれます
並、中、大、特(好きなだけ)、どの量でも同料金
少食ですが無料ですから中でお願いしました
ロットのタイミングが悪かったのか15分くらい待ってようやく着丼

麺は平打ちで加水率高めのピロピロした太麺
先日池袋の二天で食べたときもこんな麺でしたね
いまはどの店舗もこの麺になったのでしょうか
コシは無いけど個人的には好きなタイプです

スープはかなりオイリー
出汁は動物系に鰹と煮干の節系か?
かなり甘め、なのに喉に来るカエシのしょっぱさ
シャバ系なのに油でトロミがある状態でコッテリ濃い
とても不思議な味です

スープの中には角切りのチャーシュー、葱、穂先メンマ
麺の上には角煮のようなチャーシュー、味玉、海苔
角煮チャーシューは味付け薄めで食べ易いけど小さい?
麺屋武蔵と言ったらボリュームのある大きなチャーシューを期待しちゃうのでちょっと残念
スープの味が濃いからせっかくの穂先メンマなのに食感しか無い

2軒目で中盛だったけど無難に完食
スープ割を頼んだら煮干の味が強くなり
だけど甘さはそのまま
飲み続けるのはちょっと厳しくて2口でギブアップ…ゴメンナサイ

腹の具合はもう1軒寄れそうな感じでしたが
店を出ても甘い煮干が舌に残ってて
どうしても次に行く気になれずそのまま帰路に着きました

以上、レポっす


東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7

チャーシューメン + 味玉(ホープ軒本舗@吉祥寺)




仕事が比較的早く終わったので、プチ遠征でもしようと久しぶりに吉祥寺へ
吉祥寺もいろんなラーメン店がありますが
懐かしのホープ軒本舗に訪麺

ホープ軒というと背脂タップリのラーメンというイメージですが
実は家系よりも歴史のある豚骨醤油ラーメンなんですよね
その辺りはググると色々出てくるので偉そうに能書き垂れるのはやめときます

吉祥寺のホープ軒本舗は何年ぶりだろう?
前回の記憶が思い出せず、でも懐かしい
入店するとお客さんは半数くらい
空いてるとこに座ってチャーシューメンを注文
そうそう、ここは口頭注文・先払いでしたね
お会計を済ませて暫し待つと着丼

まずはスープから
油でギトギトしてたように記憶していましたが意外とアッサリ
いや、普通のラーメンと比較したら油多めですけどね
飲んだ後にちょうど良さそうな感じ
頷きながら2口、3口、懐かしさを楽しみながら飲んでいきます

チャーシューの下から麺を引きずり出します
中細の縮れ麺、やや柔めの茹で加減
こういう麺は大きく口を開けてズズっと一気に啜るのが良いんですよ
汁ハネなんて気にしたらダメです

具はチャーシューがタップリ(何枚だったか数え忘れました)
その下には茹でモヤシ、あとは海苔3枚と追加した味玉
チャーシューはパサタイプ、だけどこのラーメンにはそれが良い
スープに浸しておいて、シットリさせてから食べるのが美味しいのよ

途中で卓上の唐華という特製唐辛子を入れて味変
このラーメンのために作られたものですからね、当然美味しい
最近ようやく辛さの奥の美味さが見えてきた気がする

ダメだ、ダメだ、と思いながらも完飲完食
スイッチが入っちゃうと我慢できない

クチコミサイトとか見ると、昔と比べると味が落ちただのなんだの書いてる人がいるけれど
そんな比較はナンセンス
忘れた頃に行ってもお店がまだそこにある
それだけで十分役目を果たしているんだから

以上、レポっす


東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12

2014年2月24日月曜日

私のおいなりさんラーメン(ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ@日吉)










横浜に用事がありまして
副都心線と東横線が直通運転になったので、池袋から乗り換え無しで行けるようになりとても楽になりました
東横線沿線はまだまだ行けてない店が多数あります
今回は日吉で途中下車、先日リニューアルオープンした「それは私のおいなりさんだ」へ訪麺
なんとも挑戦的な店名です
でもリニューアル前は「日吉で一番ウマいのはあびすけさんだと思うので、当店営業時間外はぜひともあびすけさんをご利用ください。」という店名だったので少し短くなりましたw

お店の前に着くとお店の詳細が書いてあります
あびすけ店主が渡邊寿庵氏に全面協力を依頼した、とのこと
なんだかテンションが上ります(ほんとか?)

店の外、入口横に券売機があります
メニューを確認すると、店主の気が向いた時だけ用意する限定メニュー「私のおいなりさんラーメン」にランプが点きました
気が向いてたんですね!
少食だし、初訪だし、残したら格好悪いし
なのでとりあえず並をポチッと
並でも茹でる前で麺量200g、一般的なラーメンの1.5倍くらいですかね?

入店すると半数くらいの客入り
店内は結構狭いですね
着席して食券を渡すと無料オプションを聞かれます
野菜マシマシは野菜だけで750gもあるそうですよ
いくら無料と言われても僕はジロリアンじゃないので「野菜マシにんにくアブラ多め」にしておきました
野菜マシでも500gですから十分でしょう
7~8分くらいで着丼しました

おいなりさん…そのまま乗ってるんですねw
まずはおいなりさんから
うん、フツーw
気が向いた時だけということなので凄いおいなりさんなのかと思ったんですが
特に変わったものではありませんでした

おいなりさんをサクっと食べたら天地返し
下から麺を引きずり出します
かなり太めの麺、ウェーブというか、ねじれてますね
二郎インスパイア系にありがちなワシワシ麺かと思ったら、加水率高めのプリプリ麺
カエシを吸いやすいようで茶色く染まってますね
これは好みが分かれそう

スープは非乳化、カエシがキリッと効いてるタイプ
卓上にも醤油ボトルがありますが追加しなくても良いですね
ニンニクとアブラが良い感じで、二郎の非乳化系(中山店とか)に近い雰囲気はあります
二郎インスパイア系としてはかなり頑張ってる方だと思います

野菜はそれなりにキャベツも入ってますね
インスパイア系はモヤシオンリーのところもあるので嬉しいです
500gということですが、そんなにあるようには感じなかった

豚、というかチャーシュー、これもかなり茶色く染まってます
ややパサ気味、1枚だけなのでちょっと物足りない

苦戦するどころかペロリと完食
入店前は写真でビビりが入ってましたが、これなら大・野菜マシマシでも食べられそう
ま、少食なので挑戦しませんけどね

去年の秋には日の出系の「肉を喰らえ!!」がオープンしましたし、日吉も二郎インスパイア系が盛り上がってきた感がありますね
スープはおいなりさん、豚は肉を喰らえ、に軍配といったところでしょうか
今後に期待したいところですね

以上、レポっす

2014年2月23日日曜日

海老トマトつけ麺(つけ麺 五ノ神製作所@新宿)







酸っぱいものがモーレツに食べたくなりまして
元来僕はスッパーなので酸っぱいものが好きなわけですが
酢の酸っぱさじゃなくてトマトの酸味が効いたものが食べたい、と
じゃあトマトを使ったラーメンを、と探したところ、五ノ神製作所の海老トマトつけ麺がヒット

五ノ神製作所は以前一度だけ訪麺しているのですが
そのときはスマホの充電が切れて写真を撮れなかったというミスを犯していますw
今回はスマホの充電がしっかりあることを確認して訪麺しました

20時50分頃到着
閉店10分前だからお客さんもいないだろう、と思ったら
なんと20人待ち…さすが人気店だわ

途中で店員から先に食券を購入する旨のご案内
迷わず海老トマトつけ麺の食券をポチッと
お腹ペコリーノだったので大盛もポチッと
大盛は茹でる前で400g、茹で上がりで650gあるそうです
少食ですが大丈夫でしょうか…

20分程で入店
食券を渡してあったので着席してすぐに着丼しました

麺の上にはフランスパン、憎らしい演出ですw
これだけで美味しく見えちゃいますもんね
まずはこのパンをスープに浸してパクっと
海老の濃厚な香りが良いですねぇ

麺は水でしっかりと締められていて美しい
バジルソースを少し麺に付け、スープに浸していただきます
やはり濃厚な海老の香り、そしてトマトの酸味
とてもバランスが良いですね

麺はモッチリよりは固め、小麦がミシッと詰まった力強さ
これくらいじゃないとスープに負けちゃいますからね
バジルソースが良い仕事してます

スープの中には焼きトマト、甘味が増して実に美味い
その他にはチャーシュー、三角シナチク、底にタマネギが結構沈んでました
チャーシューはトロトロで口に入れるとすぐに無くなっちゃいます
シナチクはコリコリした食感、個人的にはあまり好みじゃないw

大盛で苦戦するかと思ったけれどペロッと食べ終えて
店内は片付けが始まっているところ申し訳ないですがスープ割をお願いし
綺麗に完食、ごちそうさまでした

予想通りというか、女性客が多いんですよね
女子ウケ良さそうだし
友達同士で来るのは良いけど、でも食べるときはお喋りしないで食べようね、と言いたくなるのはオジサンになったからかもしれません

以上、レポっす


東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16 シャトレー新宿御苑第一101