Subscribe: follow us in feedly

2014年1月30日木曜日

塩ラーメン + ライス(壱六家 上鶴間店)





引っ越しをいたしまして
とは言っても前の家から数分の距離
レンタカーを借りて、3往復しただけで荷物の運搬は終了
すぐにレンタカーを返すのもなんなので
駅から歩いてくのは面倒な場所にある店、壱六家上鶴間店へ訪麺

隣のパン屋さんやコンビニと共用の駐車場なので広々
やはりここは車で来る場所ですね
空いてるとこに停めて入店

入口すぐのところに券売機
壱系って家系なのに塩のイメージ
でも聞くところによると最初に塩を出したのは壱八家らしい
師匠が弟子のメニューを…ま、いいか

食券を渡して着席
好みを聞かれるので
「濃いめ・多め」
で注文
こちらは長多屋製麺なので麺の固さは普通に
程なく塩ラーメンの完成、着丼です

まずはスープから
塩分の刺々しさがあるものの、クリーミィな豚骨と柔らかい油がフォロー
滑らかな舌触りのスープです
豚骨の臭みが無いので、味濃いめにしなければ万人受けしそう

麺はほぼ正方形に近い断面の太麺
モッチリした食感が良いですね
このスープには合ってるけど、醤油だとどうなんだろ?

具は家系3点セットのチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚
そして壱六家らしくうずら玉子
チャーシューは脂身が多いトロタイプ
ほうれん草は固茹ででなんか草っぽかったけどまぁ許容範囲

お腹ペコリーノだったので珍しくライスも注文してて
壱六家発祥の美味しいライスの食べ方をやってみたかった、というのもあるし
ライスの上にニンニクと豆板醤を少々
軽く混ぜ混ぜしたあとに胡椒を振って、スープに浸した海苔で包んでライスを頬張る
うはー!
なにこのジャンク感、超美味いんですけど!
塩ラーメンだったからライスとの組み合わせは普通だけど、醤油だったらマッチし過ぎてヤバいだろうね
ダブル炭水化物は危険だわ…w

壱六家ですからね
国道16号に面したこの立地はドライバーには良いのではないでしょうか?
車が利用できるときにまた来ます

以上、レポっす


神奈川県相模原市南区上鶴間本町9-45-4

2014年1月28日火曜日

タンタンメン + ニラ + ニンニクダブル(元祖ニュータンタンメン本舗 新城店)




武蔵新城に用事がありましたので
駅を降りたら北口すぐの元祖ニュータンタンメン本舗へ
できるかどうか分からない全店制覇をコッソリと狙っておりますw

店内は細長く
客席はやや変形のL字カウンター、テーブル席はありません
奥が厨房になっています
ラーメン屋というよりは中華料理店という印象

注文するのは決まってますが、確認のためにテーブルにあるメニューを確認
あら?
ニラはあるけどニンニクダブルは無い
でも
「タンタンメン、ニラとニンニクダブルで」
とちょっと常連ぶって注文してみる(なんで?)
メニューには無くても普通に受けてくれました
「辛さはどうしますか?」
あ、忘れてた!
「えっと…大辛で」
ちょっと動揺しつつ返答
初心者が格好付けて注文するとロクなことがありませんねw

厨房では年配の男性が中華鍋を振って調理しています
こういうとこも中華料理店ぽいよなぁ
そんな様子を見ていたら着丼
あらら、真っ赤じゃないですか(ノ∀`)アチャー
前回本店で食べたときは中辛でもそれほど辛くなかったので大辛にしましたが
唐辛子の量が明らかに違いますね
これ、食えるのかな…

大きなレンゲでスープをすくい、恐る恐る口に入れます
辛っ!
やっぱり辛いです
が、覚悟していた辛さではありません
このレベルになると唐辛子の量が増えても辛さはあまり変わらないのかもしれませんね
ただ、口の中が唐辛子だらけになるので中辛くらいがちょうど良さそう

ベースは鶏ガラスープ
本店と比べると気持ち少ないかな?
逆に溶き玉子が多いような
なのでドロっとした感じで食べるスープみたい
ニラはしっかりと煮込まれててクタッとしてるのが美味しいですねぇ
ニンニクはダブルにしたけどそれほど多く感じなかった(一般的なラーメンよりは遥かに多いけどw)

麺は断面が楕円形のような中太麺
本店との差は見つけられず
ツルモチで歯応え・喉越し良好

カプサイシンの作用なのか、食べ終えた後は汗だく
そしてもちろん全部飲み干しました(なんで?)
少食なのに2軒続けて完飲完食しちゃったもんだからお腹タプタプです
もっと大食いできたらいろんな店に行けるのに

これでニュータンタンメンは2軒目
今後もノンビリと各店を回っていきたいと思います

以上、レポっす

月見そば(紀州和歌山ラーメン まっち棒 溝の口店)





武蔵新城に用事がありまして
田園都市線で溝の口駅へ向かい、南武線に乗り換えるわけですが
その前にお昼を食べておきましょう、ということでまっち棒へ訪麺

その昔、僕がまだ社会人になりたての頃だから15年くらい前
先輩に
「池尻大橋にまっち棒という美味いラーメン屋があるぞ」
と教わって
家系とは違う豚骨醤油を初めて体験したときはビックリしましたね~
町田から車で246号線を飛ばして食べに行くくらいハマっていた時期がありました

転職して都内で働くことになり、久々にまっち棒に行こうとしたら
池尻大橋の店は無くなっていました
調べてみたら何故か溝の口にある
溝の口店と表示してるということは、池尻大橋店を閉めたのか
それとも池尻大橋から溝の口への移転なのか
ま、それが分かったところで何も起きませんけどね
今回はハマっていた時期以来なので実に15年ぶりの訪麺となります

入店すると満席、ちょうど1人退店して席が空いたので着席
券売機は無いので口頭注文です
和歌山ラーメンですからね、やはり卵入りを食べたいということで月見そばを注文
メニューには替玉は無いという注意書き
大盛は150円、ちょっと高いような
でもランチタイムはライス無料とのこと
ま、僕は少食ですから大盛にもライスも無し
でも餃子100円には激しく反応して追加注文w

お客さんの出入りや会計などでちょっと慌ただしく
10分くらいで着丼
その後に餃子も登場しました

まずはスープから
少しトロミのある豚骨ベース、そして甘さのある醤油
最初はちょっと薄いと思ったけど
よく混ざってなかっただけで、卵を潰して混ぜたらちょうど良い塩梅に
でも昔は甘さがありつつもキリっとした醤油だったような

麺は細くて少し縮れてるタイプ
細麺にありがちなややアンモニアっぽい匂いが
忙しくて茹でてるときにちゃんと混ぜられなかったのかしら?
卵は完全に混ぜず、麺と絡めながら食べるとすき焼きみたいで美味い

具はチャーシュー、シナチク、かまぼこ、ネギ
昔はモヤシが入ってたような気がするけど気のせいかも
なんせかなり昔のことだし記憶違いかな?

スルスルっと完飲完食しちゃってごちそうさま
思い出補正が働いてたのか、それとも僕の舌が変化したのか
遠い昔の記憶とはちょっと違う1杯でした
もちろんこれはこれで美味しいので、近くに用事があればまた寄らせていただきます

以上、レポっす

2014年1月27日月曜日

黒悪魔(宗家一条流がんこラーメン 池袋店)

前日のがんこのスペシャルが食べられなかったことがずっと引っ掛かっていて
お店の前に行って券売機を見るも、スペシャルの案内は無い
にもかかわらず店に入り、ダメ元で
「昨日のスペシャルってまだありますか?」
とオヤジさんに聞く
「もう終わっちゃったよ~
 でも材料少し残ってるから悪魔の食券を買ったら乗せてあげるよ」


いや~~聞いてみるもんですね!
素早く券売機前に移動、黒悪魔の食券を購入
再入店して食券を渡しました

10分弱で着丼
黒悪魔の上には前日のスペシャルの残り、渡蟹のエスプレッソが乗っています
心が躍りますね!

まずは何も乗っていないところからスープを
くぅぅ~~しょっぱい!
さすが悪魔、普通のでもしょっぱいのにそれよりも上を行くしょっぱさ
まるで醤油を飲んでるかのよう
後頭部を殴られたくらいのインパクトがあります

続いて渡蟹のエスプレッソを混ぜ混ぜして
ふぅぅ~~ザ・蟹!
口の中も鼻の中も蟹で一気に充満されます
まるで口に渡蟹を投げ込まれたかのよう
しょっぱい悪魔スープとの相乗効果で首から上の感覚がおかしくなりそうですw

麺は中細のサッポロめんフーズ製
渡蟹エスプレッソを身に纏っていつもより色が濃いめ
プリっとしていながらプツッとした歯応え
美味しいですねぇ

具はチャーシュー2枚、シナチク、ネギ、海苔
箸で持ち上げられないくらいの柔らかいチャーシューは口に入れると溶けてしまいます
そしてやはりここのネギは美味いですねぇ
シャクシャクの食感は麺と一緒に食べると幸せになります

あーしょっぱい!
と思いながらも飲んでしまうスープ
こんなに塩分濃度が高いのを飲んだら血管切れちゃうんじゃないか!?と思いながら、結局いつも最後まで飲んでしまう
底に沈んでいた崩れたチャーシューの残りまで綺麗に食べてごちそうさま
完飲完食したら貰えるサービス券を握りしめて退店
次回のスペシャルはどんなものを出してくるのか楽しみです

以上、レポっす

2014年1月26日日曜日

2014/1/26 辛味みそつけ麺(つけ麺屋 やすべえ 池袋店)




仕事が一段落したので昼食を取ろうと会社を出て
日曜日なのでがんこのスペシャルを食べようとそそくさと向かう
が、外待ち5~6名
がんこは5席しかない小さな店
外待ちが少なくても下手したら30分以上待つ
1時間しかない休憩時間内で食べられるか分からないので泣く泣く断念
今回のスペシャルはかなり美味しそうだったのになぁ…

さて、どこへ行こう?
池袋で行くとこに悩んだときはとりあえずやすべえ
よくあるパターンです

店に着くと店内待ちが7~8名
でもここは席数多いし回転も早いからすぐ食べられるでしょう
入店し券売機で辛味みそつけ麺をポチッと
並盛・中盛・大盛、どれも同じ価格
貧乏性な僕は当然ながら大盛です

店内待ちに接続して食券を渡します
10分ほどで席が空いたので着席
食券を渡すときにニンニク追加を言うのを忘れてたので、ニンニクダブル&辛味ダブルでお願いしました
5分弱で着丼

まずはそのままいただきます
麺は太くてややウェーブがあるもの
みずみずしくて綺麗な麺で、いかにも「これがつけ麺の麺です!」と言わんばかり
スープは野菜が多く入ってますね
挽肉もゴロゴロと
優しい味噌の風味が抜けていき、その後にやや辛味が
やすべえというと甘いスープという印象ですが、今回のは酸味が強くて甘さは控えめでしたね
ニンニクダブル&辛味ダブルにしたのにそれほどでもないなぁ
風邪気味で舌が麻痺してるのかしら

デフォのを少し味わった後は、卓上の刻みタマネギをスープへドカドカと
そして魚粉を麺へバラバラと
やすべえに来る度に思うのだけど、魚粉をスープじゃなく麺に振りかける食べ方は誰が最初に始めたんだろう?
ここの魚粉はジャリジャリしないから麺に振り掛けた方が美味しく食べられる

大盛にもかかわらずペロリと食べ終えて
最後はスープ割、綺麗に飲み干してごちそうさま
以前はここのみそつけ麺に結構ハマってたのだけど
体調が良くないのか味覚がイマイチのようで、いつもよりは満足度低め
それでも十分美味しくいただきましたけどね

知らない店に行ってハズレを引くなら安定してるやすべえに行った方が、という立ち位置ですな
こういう店があるとほんと助かります

以上、レポっす

2014年1月25日土曜日

山(辛麺 真空@町田)





町田で新年会がありまして
食べ放題・飲み放題の店なんだから腹を空かせて行くのが普通なんだろうけど
新年会をやる店から徒歩30秒のとこに行きたいリストに入れていた真空が
少食なので新年会では何も食べられないかも、と危惧しながら訪麺

入店すると入口すぐ左手に券売機
こちらのメニュー名は変わってて、「山」「海」「狼煙」というもの
初訪ですから基本のメニューと思われる山(濃厚豚骨辛麺)をセレクト

席に着いて食券を渡すと
「こちらは辛いですが大丈夫ですか?」
と言われる
え、そんなに辛いの?
と一瞬怯んだものの、辛さ耐性が身に付いてきた自分を信じて
「はい、大丈夫です」
と見栄を張る
どうなっても知らないぜ?と思われたかどうかは分かりませんが、軽く頷かれてオペレーションへ
7~8分で着丼

店内はやや薄暗い照明ながらも見た目は赤くて辛そうです
では早速スープから…と行きたいとこですが
レンゲに辛味が乗ってるのでレンゲが使えません
混ぜる前の味見もしたかったのですが、やむなくスープに溶かし込み
その後にレンゲでそっと1口
混ぜてるときから感じましたが、かなりドロッドロなスープです
濃厚を謳うだけのことはありますね
かなり豚骨臭があり、僕は好みですが人によっては抵抗あるかも
辛味のお陰なのか後味は意外とスッキリ
なんとなく甲殻類(海老?)の香りがしたのは気のせいか?

麺は縮れのある太麺
気持ち固めの茹で加減、あと少し長く茹でていたらモッチリ感が出て更に美味しくなると思うんだけど
スープの絡みはバッチリ

具は角切りチャーシュー、モヤシ、水菜
チャーシューは柔らかくて美味しいけど2つしか入ってないのはちょっと寂しい
モヤシと水菜で2種類のシャキシャキが楽しめるのは面白いかも

辛さに対して耐性ができてしまったせいか、すんなりと完飲完食
濃厚な豚骨はポイント高いのですが、後半やや飽きてしまうので、辛味はレンゲではなく別皿などで提供してくれると嬉しいなぁ
そしたら途中で味変が楽しめるのに

定期的に限定メニューを提供している様子
卓上には過去の限定メニューの紹介がありました
Facebookで情報流してるのでチェックして再訪してみたいですね

ごちそうさまでした、と挨拶して退店
店の外に灰皿があったので一服
食べ放題の新年会、ちゃんと食べられるかなぁ?と心配しながら店を後にしました

以上、レポっす


東京都町田市原町田4-1-5 ハイストーンII 1階

2014年1月24日金曜日

塩ラーメン(函館塩ラーメン 五稜郭)





孤高で食べた後
まだ用事までは時間があったので、八幡山駅前にある五稜郭に訪麺
醤油を食べた後だから塩を食べないとね(なんで?)
こちらは函館塩ラーメンを看板に掲げる店

入店すると先客1名
店内はそれほど広くありません
券売機は無くて口頭注文
メニューを見るとラーメンは塩ラーメンのみ
看板に偽り無しといったところでしょうか
その他には玉子、チャーシュー、メンマの追加とサイドメニューのいかめし、後は飲み物だけ

2軒目なのでラーメンだけ注文
いかめしにも興味をそそられましたけど、少食なのでやめました
こちらの店にも案内書きがあり、函館ラーメンのことが書いてあります
読んでいたら着丼しました

まずはスープから
底まで見える透き通ったスープ
塩でありながら塩分控えめ
味も見た目通りクリアながらしっかりとした旨味
かなり熱々で、ここまで温度を高めて煮出したらスープが濁りそうな気がするのは素人考えか?

麺は中細ストレート
北海道というと縮れ麺を想像してしまう先入観を打ち砕く
加水率高めのややプリな食感
スープとの相性も良い

具はチャーシュー2枚、メンマ、お麩、刻みネギ
チャーシューはバラとロースの2種類
バラの方が絶品で舌の上で溶けてしまいました
お麩が入ってるラーメンは珍しいですね
スープが熱々なので注意しないと口の中を火傷しますw
ネギはこのスープだと白髪ネギの方が良いような気もするけど気のせいかも

2杯目だけどスルリと完飲完食
最後まで熱々でかなり汗をかきました
たまたまなのか、食後のデザートとして杏仁豆腐を出してくれて
これで650円は安いなぁ

この店、もっと注目を集めても良さそうだけど
八幡山という立地だと目立たないのかしら
味もまだ進化しそうな予感がするし、暫くしたら再訪してみたい

以上、レポっす

醤油(支那そば 孤高)






上北沢に用事がありまして
余裕を持って会社を出たのでその用事まではまだ時間がある
ということで、1駅先の八幡山で下車してラーメンを食べることにしました

目的の店は先日オープンした孤高というお店
ラーメンブロガーがこぞって食べに行っていたのでチェックしたかったんですよね
それにしてもラーメンブロガーって凄いですよね
食べたその日には記事をアップしてるんですから
僕なんて1ヶ月遅れでヒーヒー言いながらアップしてますw

ていうか、そんなことはどうでも良くて
こちらの店は佐野実氏の元で3年間修行された後に静岡で独立
8年間営業された後に八幡山へ移転
静岡でそれだけ営業していたのなら固定客も多数いたことでしょう
にもかかわらず支店ではなく移転です
かなりの勝負だと思うんですよね
ま、ラーメンブロガーでも無い僕なんかがそんなこと気にしても仕方ないですが

店の前には佐野氏率いる佐野JAPANの旗が
入店してすぐ左手に券売機
メニューは醤油と潮(塩?)の2種類
どちらも「普通の」ラーメンが1,000円
トッピングやご飯などを追加したらかなりの金額になりますね

初訪なので醤油をセレクト
食券を渡してカウンター席に着席
目の前には食材などの説明があり、読んでいたら着丼

まずはスープを
口に含んだ瞬間、おもわずニヤニヤしちゃいましたね
鶏、節、昆布の出汁がギューッとしててメッチャ美味い
僕の駄舌でもそこまでの食材は判断できますが、他にも何かあると説明書きを見直すと貝類ですか
ここまで食材を使ったら旨味過多になりそうなものの、それぞれがぶつかることなく見事に調和しています

麺は細いストレート
最初は少し固めで歯応えが良く
後半はスープを吸って舌触りが滑らかに
小麦の香りがビンビンです
個人的には太麺が好きですが、こんな麺を出されたらお手上げですよ

具は豚と鶏のチャーシュー、穂先メンマ、海苔
海苔をめくるとチャーシューの上にネギが鎮座していました
豚チャーシューはかなり大きめで柔らかく、脂身がウマウマ
まわりに人がいなかったら叫びたくなるくらい美味い
鶏チャーシューはバーナーで炙っていましたが、シットリした食感だけで十分美味しいので炙らなくても良いかと

最後はレンゲを使わず丼を持ち上げてゴクゴクと
当然ながら完飲完食でごちそうさま
1滴も残したくないどころか丼を舐め回したくなるくらい美味しかった…

1,000円という価格は強気な設定ではあるものの、食べたら納得の1杯
でも980円くらいにした方がお客さんの心理的には嬉しいかも
3桁と4桁は結構違うもんね

もう1つの潮も美味しいに違いない
必ず食べに来よう、と思いながら店を後にしました

以上、レポっす


東京都杉並区上高井戸1-1-17 日立八幡山ビル105