Subscribe: follow us in feedly

2013年12月31日火曜日

カレーつけそば(蕎空@小田急相模原)




仕事納めが26日
27日から31日まで家から全く出ませんでした
なんか外出するのが億劫で
どこかでラーメン納めでもしようと思いつつ、布団に横になるだけのグータラ生活を続けてしまいました

さすがに31日は年越し蕎麦を食べよう、と近所にオープンしたばかりの蕎空(そそら)という店へ
どうやら増田屋の系列店のようですね
(増田屋はのれん会があって100軒以上あるようですが、蕎麦については素人なので詳しくは分かりません)
デザート系も結構あって、蕎麦屋とカフェが合体したような、若い人でも入りやすい雰囲気のお店です

大晦日ということで、この日はメニューが限られていました
鴨南蛮など売れ筋商品に絞ったようですね
今回はカレーつけ蕎麦を注文
10分くらいで運ばれてきました
なんだかオシャレな感じです

まずは蕎麦だけ1本チュルチュルっと
う~ん…
お店で挽いてるそうですが、 肝心の蕎麦の香りが弱いですね
ツルツルで喉越しは良いけれど

スープの方はトロミがあり、いかにも蕎麦屋のカレーといった感じ
辛さは控えめで安心できる味
こういうのは奇をてらったものよりも、予想通りの無難なものの方が良いですね
豚バラ肉もそれなりに入ってて美味しいです

オシャレな器によそってあるため、最後の方は皿の底に溜まった水で蕎麦がベチャッとしてました
しっかり水切りしたんでしょうけど…やはり蕎麦はザルの方が良いですね

蕎麦湯をもらって綺麗に完飲完食
ごちそうさまでした

2013年の麺活はこれにて終了
トータルで384杯という結果でした
立ち食い蕎麦などでカウントしてないのもあるから、実際は400杯前後でしょうか
2014年も楽しい麺活になるよう頑張りたいと思います

以上、レポっす


神奈川県相模原市南区松が枝町15-11

2013年12月23日月曜日

北極やさい(蒙古タンメン 中本 東池袋店)




年内最後の中本に訪麺
2013年の集大成ということで北極を食べてみようと一念発起(?)
北極は本店で1度だけチャレンジしましたが
そのときはとりあえず食べられたというだけで、当然ながらスープは飲めず
しかも食べ終えた後に辛さによる腹痛で体調を崩すという散々な結果
全店制覇した今、どのくらい成長したのか試したいと思います

と、意気込んでみたものの
入店して券売機の前に立つとちょっとビビるw
そこで目に入ったのが北極やさい
全店制覇を目指しているときは蒙古タンメンを野菜大盛にして少し辛さを緩和させていました
北極も野菜が入れば多少は食べ易くなるかもしれない
ということで北極やさいをポチッと

食券を渡し、開店記念のサービスは茹で玉子でお願いしました
店内で数分待ちの後に着席
10分弱で着丼しました
同じ赤でも北極は攻撃的な赤い色をしてますね
あ、北極やさいって最初から茹で玉子が入ってたのか…失敗したw

一息入れ、スープと野菜をやや混ぜて
さ、覚悟を決めましょう

まずはスープから
口に入れた瞬間から辛さが走ります
蒙古タンメンとは違いますね
だけど…食べられる!
確かに辛いけど、以前よりは抵抗無く食べられますね
さすがにまだ辛さの奥の旨味を感じることはできませんが

真っ赤に染まった麺は気持ちモチッとした柔らかさ
モチプリの1歩手前くらい
唐辛子がしっかりと麺にまとわりついていますが
野菜と一緒に食べればジャリジャリするのは気になりませんね

野菜はクタッと煮込まれていて
やっぱり野菜があると食べ易いなぁ
時折玉子を箸休めにしながらゆっくりと食べ進めます

麺と具を食べ終えて
別に義務じゃないけど、でもスープを飲み干したい
そうじゃなければこの1年間の中本修業を〆られないじゃないか!
と心の中で何かを誓う
誓ったところで何も変わらないのだけどw
いつものように酢を大量に回しかけ
最初はレンゲで、最後は丼を持って、どうにか完飲

ごちそうさま、と挨拶して退店
寒空の下、やった!やったぞ!と小さくガッツポーズ
誰かに認められるわけでもないのにねw

その後、ややお腹が痛くなるも、特に体調をくずすこともありませんでした
1年前までは辛いのが全く食べられなかったけれど
ここまで成長するとは思いませんでした
2014年もどうぞよろしくお願いします

以上、レポっす

2013年12月20日金曜日

塩ラーメン(煮干鰮らーめん 圓@八王子)





八王子に用事がありまして
あったというよりは、強引に用事を作ったというような感じ
だって先日行けなかった圓でどうしても塩を食べたかったんだものw
サッサと用事を済ませ、雨の降る中を小走りで店に向かいました

外待ち1名、雨だからかあまり並んでなくて助かりました
10分ほどで店内へ
お目当ての塩の食券を購入します
それから10分ほどで着席、5分ほどで着丼
あぁ…なんと美しいラーメンでしょう

まずはスープから
塩ではありますが、尖ってなくとてもまろやか
そのぶん煮干をしっかり感じますね
とても優しくて上品な味わいのスープ
やや油分が多いかな?
余計な味がしないから油分が多く感じるだけかも

麺は細麺、角の立った綺麗な麺ですね
全粒粉入りの麺は、ザバッザバッと啜ると煮干の香りと一緒に小麦の香りも鼻へ抜けていきます
1口啜る度に気分が高揚していくのが分かります

具はチャーシュー2枚、シナチク、半身の味玉、ネギ
肉厚のチャーシューは柔らかくて絶品
しかも2枚も乗ってて、更に味玉も乗ってて700円とか安すぎでしょ
1,000円だとしても怒る人はいないと思う

気付いたら丼を持ってスープを飲み干していました
美味しすぎて溜め息( ´Д`)=3
ごちそうさまでしたと挨拶して退店

この後にもう1軒寄るつもりでいましたが
他のものを口に入れるのがもったいない気がしたのでやめました
美味しかった余韻に浸りたかったですからね
ま、僕は元々少食ですから1杯食べれば十分なんですがw

以上、レポっす

2013年12月19日木曜日

ワンタン麺(博多一風堂 総本店)







福岡遠征6軒目
本店原理主義を貫くならば、福岡で行っておかねばならない店のひとつ、一風堂の総本店です
九州から北海道まで店舗があり、食べたことない人なんていないんじゃないか?というくらい有名な豚骨ラーメン店です
近くに来たら…前に泊まったホテルのすぐ近くでしたw
なんでそのときに来なかったんだろ

お店に入るととても綺麗な店内
女性1人でも入りやすそうな感じですね
一番奥の席に案内され、すぐに荷物を入れるカゴを持ってきてくれました
丁寧な接客ですね
メニューを見ていると、きちんと商品の説明までしてくれます
が、食べるのは決まってるんですよね
それは、総本店でしか食べられないワンタン麺です
注文してしばし待つと5分くらいで着丼しました

見た瞬間にビックリしました
「なにこの灰色!」
いままで食べた一風堂のスープはもっと白くてサラッとしてたはず
だけど目の前にあるのはグレーでドロっとしてるんですよ
恐る恐るスープを飲んでみると…
濃い!
そしてザラザラ!
いくら本店だからと言ってこんなに違うものなの!?
他の店でもこれを出してよ、と言いたくなるけれど
これは福岡だから成り立つラーメンなんだろうなぁ…

麺は固めでパツッとした細麺
いかにも博多のラーメンという感じ
スープが絡みまくりです

具はワンタン、チャーシュー、半身の玉子、キクラゲ、青葱
ワンタンはピロピロ皮で庵は少なめ
豚骨にワンタン、すごく合うじゃないですか!
チャーシューはシットリ柔らか

半分食べたところでニンニク投入
クラッシャーで2個も潰しました
あぁ…豚骨ラーメンってなんでこんなに美味いんだろう
無我夢中で食べ終えて、スープも飲み干してごちそうさま
底にはものすごい量の骨粉
レンゲでかき分けると底には「ありがとう!」の文字が
いえいえ、こちらこそありがとうございました

お会計をして退店
自分の体に豚骨とニンニクの臭いが染み付いているのが心地良い

今回の福岡遠征は6軒で終了
行きたい店があと何軒かありましたが、それはまた次回のお楽しみ

以上、レポっす


福岡県福岡市中央区大名1-13-14

玄瑛流ラーメン(麺劇場 玄瑛@薬院大通)





福岡遠征5軒目
天才と呼ばれる入江氏のお店
芸能人御用達のお店だそうで、テレビ等のメディアにも多数登場しています
食べログには200件以上のクチコミ
ラーメンデータベースにも100件近くのクチコミ
クチコミが多ければ良い店というわけでは無いけれど、店選びの目安にはなります

が、今回この店を選んだのは、東京で同じラーメンを食べるためには恵比寿のゲンエイワガン( 食べログ )で6,000円のコースを予約しなくてはいけないから
それが750円で食べられるなら行くでしょ、という単純な理由w

薬院大通駅から徒歩5分くらい
メインの通りからちょっと横道に入った住宅街の中にプレハブみたいな小屋
木製のドアには店名が
その前には「開演」という立札
とてもラーメン屋には見せませんね

中に入ると左に進むよう案内書き
その通りに進むと、店内は店名通り劇場になっていました
正面にあるキッチンが舞台
客席はひな壇になっていて、その舞台がよく見えるようになっています
ずいぶんと面白いことを考えるものですねぇ

さて、メニューを見るといろんなものが
こういうときは店名を冠しているものが一番手っ取り早い
ということで玄瑛流ラーメンを注文

目の前でオペレーションが実演されております
とは言っても普通のオペレーション
何かパフォーマンスするわけじゃないですからね
特に面白みはありませんw

5分くらいで着丼
なんでしょう、このヴィジュアルは
豚骨のはずなのに半透明のスープですよ
そしてものすごい泡

ではスープからいただきましょう
えっ…?
自分の舌を疑いました
だって豚骨の味も匂いも皆無
ていうか、魚介系の味…乾物のエビやホタテを使った出汁ですよ
メニューを改めて見直しました
もしかして海老のラーメンを頼んじゃったのかな?と
(海老薫醤油ラーメンというメニューもあるので)
だけどメニューに写っている玄瑛流ラーメンの写真と同じ
そしてそこには「とんこつラーメン」と書いてある
エビやホタテの文字は見当たらない
むぅ…なんなんだ、これは
味覚と思考回路が混乱してしまいました

気持ちを切り替えて改めてスープを飲みます
体に染み渡りそうな優しい味
豚骨という固定観念を持たなければとても美味しい
メニューにはマー油と書いてあるけど、スープ表面を覆うのは揚げニンニクを混ぜた油ですね
コッテリ感はほとんど感じません

麺は細いストレート
加水率が高そうなプリプリ麺
やや柔めで僕は好きなタイプですが、地元の人はどう思っているんだろう?

具はチャーシュー2枚、キクラゲ、白髪葱、海苔
チャーシューは味付け控えめ、シットリとした舌触りの良肉
白髪葱がこのスープと麺に良く合う
キクラゲはたくさんあるのにあまり存在感がなく、あっても無くても良いような

麺量少なめなのでサラッと食べ終えて
スープも完飲、ごちそうさまでした
底に骨粉が残ってましたが、最後まで豚骨という感じはありませんでしたね

お会計は750円、やはりメニューは間違えてなかった模様
ちょうど店内のお客さんがいなくなったので客席の写真をパチリ
とても不思議な空間でした

このラーメン、美味しかったけど地元の人は食べないだろうなぁ
替玉無いし、価格も高めだし
でも、このラーメンなら全然おかしな価格設定じゃないと思う
なんで福岡に店を出したんだろう?
なんだかいろいろと気になることがいっぱいでしたが
とりあえず美味しい1杯だったので満足はできました

以上、レポっす


福岡県福岡市中央区薬院2-16-3

天然とんこつラーメン(一蘭 本社総本店)




福岡遠征4軒目
豚骨ラーメンの中でも個人的に大好きな一蘭
本店原理主義を貫くならば、ここは行かないわけにはいきません(ほんと?)
本当は初日の夜に行く予定だったのですが、もつ鍋食べ過ぎてお腹がいっぱいになり行けませんでした
翌朝、ホテルの朝食をしっかり食べた後に訪麺w

中洲川端駅から歩いて数分
首が疲れるくらい見上げないと屋上が見えないくらいの高いビル
これが一蘭の総本店ですか…

1階は屋台を模した居酒屋、ラーメンは2階で食べられます
屋台の横の階段を上がったところに券売機
ラーメンのボタンをポチッとして入店
朝8時半でもお客さんは半数以上入っていました

他の店と同じように個別に仕切られた味集中カウンター
テーブルにはお好みを記入するシート
いつもは濃い味&超こってりにしますが
ラーメンばかり食べてるので今回は基本に丸をして注文
店員にシートを渡し、しばらく待つと着丼しました

濃さを普通にしたからいつも食べてるものよりはあっさりめ
スープも麺も、基本的にはいつも食べてるものと同じ味わい
どこの店で食べても同じクオリティのものが食べられる
消費者からしたら当たり前のようで、でも実は凄いことですよね

朝食を食べた後なので替玉せず
でもスープはちゃんと飲み干してごちそうさま
丼の底に書いてある
「この一滴が最高の喜びです」
という言葉の重みが伝わってきます
今回は行けませんでしたが、いつか発祥の店・那の川店にも行きたいですね

以上、レポっす

2013年12月18日水曜日

ラーメン(元祖ラーメン長浜家)



福岡遠征3軒目
長浜屋で食べたのだから、当然ながら長浜家にも行かねばなりません
長浜屋vs長浜家の屋号争いは有名ですからね
(どういうことかは各自ググってください)
漢字が1文字違うだけでどれくらい違うのか食べ比べてみたいと思います

長浜屋から近い長浜家は「元祖長浜家」
こちらは「元祖ラーメン長浜家」から独立した店
通称「家2」と呼ばれているらしい
その先の通りを渡ったところに「元祖ラーメン長浜家」、通称「家1」と呼ばれている店があります
ちなみに、家2の隣には「名物元祖長浜ラーメン 長浜屋台」という店があって、長浜屋とも長浜家とも全く関係のない店だとか
徒歩数分圏内でなんだかややこしい状況ですね…
とりあえず家1の方に行ってみます

店の前に着いたら戸が開いて、中から中年男性2人が出てきました
1人は泥酔しているらしく(この人をAさんとします)、もう1人(この人をBさんとします)に支えられていました
Bさん、おもむろに手を離して店内へ戻り
そしたらAさんは手を付くこともなくバターンと倒れました!
顔、地面に直撃です…
にもかかわらず微動だにしません
なんだなんだ!?とビビりながらAさんを助けようとしたらすぐにBさんと店員が出てきて
Aさんは再度Bさんに支えられながら去っていきました
店員に
「あの人たち大丈夫なんですか!?」
と聞いたら
「えぇ」
と一言だけ
いつものことですよ、と言いたげな表情で返事をしている
他の店員も、店内のお客さんも、誰一人として気にしていません

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

すごいな、福岡
さすが修羅の国と言われるだけのことはありますね…

その後すぐに何事も無かったかのように注文を聞かれ、普通で注文しました
こちらの店は食券無し、口頭注文・後会計でした
お茶を飲んで気持ちを落ち着かせていると着丼
あんなのを見た後に食べるラーメンは美味しいのだろうか…?

まずはスープから
長浜屋と比べると化調は控えめ
さらにアッサリしています

麺は明確な違いは感じられませんでした
麺量も同じくらいだと思います

肉は肉質がしっかりしていてやや固め
カエシが効いてる感じでしょっぱいですね

少食ですから今回も替玉せずにごちそうさま
こちらは値上がり無しの400円ですね
お会計をして退店しました
店を出てもまだ少し心臓がドキドキしていましたね…

食べ比べた結果としては、長浜家のスープに長浜屋の肉だったら良いのにな、みたいな感じでした
本当なら家2にも行くべきなのでしょうが
お腹いっぱいだし、男性の件で落ち着かないし、これにて終了
ホテルにチェックインして夕方まで胃腸を休めました

以上、レポっす

ラーメン(元祖 長浜屋)



福岡遠征2軒目
一幸舎を出た後に再度博多駅へ戻り、地下鉄に乗って赤坂駅へ
そこから歩いて10分ちょっと
長浜屋へ訪麺しました

長浜を標榜するラーメン屋は日本中に数知れず
でも長浜で、長浜の名を冠する長浜屋で、長浜ラーメンを食べないことにはラーメンは語れません(ほんとか?)
ラーメンのラの字も知らないド素人ではありますが、後学のためにも一度は食べておくべきと思った次第

大きな立体駐車場の1階に大きな看板
券売機で食券を購入
と言ってもメニューはラーメンしかありません
その他のボタンは替玉と替肉、酒とビールです
ラーメンは500円、替玉と替肉は100円です

そういえば最近値上がりしたんですよね
東京にいても聞こえてくるくらい
1杯500円なら安いんじゃないの?と思ってしまいますが
いままで400円だったことを考えると100円アップは地元の人にとってはニュースになるくらいの大事件なのかもしれませんね

引戸をガラッと開けて入店すると、いらっしゃいませも無しにいきなり麺の固さを聞かれます
面食らいつつも「普通で」と答えます

席は全てテーブル席
テーブルの上には青いカゴの湯呑みとヤカン
着席後に各自で湯呑みにお茶を入れます
ていうか、ヤカンでかすぎだろ!
タップリ入ってて片手じゃお茶を入れられないくらい重いわw
そんなことで手間取ってたら早くも着丼

あれ?
豚骨なのにずいぶんと色が薄いですね
麺が見えるくらいの半濁です
まずはそのスープから

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
なんだこれは!!
1軒目にド豚骨のラーメンを食べたからかもしれないけれど
豚骨なのに超アッサリスープ
ていうか、かなり化調がキツくて豚骨とは分からないレベル
インスタントラーメンのスープか!?と思うくらい舌がビリビリ
頭をハンマーで殴られたくらいの衝撃が走りましたよ
こんなスープだったなんて…予想を遥かに超えていました

ま、でも食べ進めると段々と慣れてきて、化調による中毒性が出てきます
葱と一緒にスープを飲むと、いつの間にかハマっている自分がそこにいましたw

麺は細麺ですがいわゆる博多ラーメンよりも気持ち太いかな?
普通でお願いしたので普通の柔らかさ
まわりのお客さんはナマで頼んでる人がほとんどでしたね
(ていうか、みんな「ナマ!」「ナマ!」って言ってるから、昼間っからビール飲む人が多いんだなぁと勘違いしたw)
麺量は結構ありますね
この店が替玉発祥ということですが、この量でなんで替玉が発祥したんでしょうか?
ま、この店だけで食べるなら少食の僕でも替玉しますけどねw

具は肉と葱のみというシンプル構成
肉は柔らかくて美味しいですねぇ
これなら替肉があるのも頷けます

もう1軒行くので替玉せずにごちそうさま
この化調タップリのスープはさすがに飲み干せませんでした

これが本物の長浜ラーメンなんですね
だとすると、長浜を謳っている店は全て偽物
だっていままでにこんなラーメン食べたことも聞いたこともないもの
カルチャーショックを引きずりながら店を後にしました

以上、レポっす


福岡県福岡市中央区長浜2-5-38