Subscribe: follow us in feedly

2013年11月30日土曜日

ラーメン + 豚(ラーメン 肉を喰らえ!! 日吉総本店)




菊名に用事がありまして
東横線沿線なら白楽まで足を伸ばしてくり山に行こうかな?
その後に家系直系の末廣家と連食も良いなぁ
なんて思ったのですが
前日に満来で食べられず牛丼でお茶を濁したのを思い出し
ガッツリ肉を食ってやろうと
でも豚星。は土曜日だと相当混んでるだろうから回避
どこか良い店ないかなぁと検索したら、先日日吉にオープンした「肉を喰らえ!!」という店がヒット
9/20にオープンしたばかりの新店のようで、写真を見る限りではなかなか肉々しい感じだったので訪麺することにしました

日吉駅で降りて場所を確認すると駅から2~3分の場所でした
店に着くと店内待ちが2名
券売機でラーメンと豚の食券をポチッと
入口横には麺が入った黄色いケースが積まれていました
ケースには菅野製麺所、麺は1玉230gと記載されていました

それほど待たずに席が空いたので食券を渡します
店員さんは2名、なんだか2人の動きが噛み合ってないですね
どっちが何をするのかきちんと分担した方が良いような…
まぁ僕はラーメン屋で働いたことなんてないので偉そうに言うつもりはありません

7~8分ほどで
「ニンニク入れますか?」
コールのタイミングは直系と同じですね
コールの仕方も同じ
「全マシで」
と返答
ヤサイはマシマシにしようかと思ったんですが、マシマシにしたお客さんを見てたら別の丼に入れて渡されたので、そこまでヤサイいっぱい食べたいわけじゃないのでマシにしました
ヤサイや肉、ニンニクを盛られて着丼
特に増さなくてもお皿の上に丼を乗せるのがデフォのようです

まずは上に乗ってる豚から
厚みがある豚バラ肉が6つ
う~ん、柔らかいけど冷え冷えです
脂身が多いので油分が舌や上顎にペッタリします
仕方ないので後回し、スープに浸けて温めましょう

とは言ってもこのままじゃ沈められないのでヤサイ処理
モヤシ9、キャベツ1、の割合
二郎インスパイア系ってモヤシオンリーで山積みにするだけのところが多い気がしますが
ここはちゃんとキャベツもあるのは好感触
ヤサイは茹で置きせず、こまめに茹でてましたね
シャキシャキで美味しいですね
上に乗ってたアブラも良質で甘味がありました

ヤサイを減らしたら天地返ししながら豚を沈めます
麺は太くてややウェーブがあります
ツルモチでなかなか美味い
小麦感もありますね
ゴワゴワ麺をワシワシ食べるのはあまり好きじゃないのでこれは高ポイント

スープはやや乳化、カラメにしてもそんなにしょっぱくないライトスープ
ていうか、豚骨の旨味が弱い
カエシと化調に頼り過ぎですね
まぁ二郎に慣れてない人にはこういうスープの方が食べやすいかもしれない
あ、僕はジロリアンじゃないので二郎に不慣れですが…

スープに沈めておいた豚は無事に温まって美味しくなりました
最初から温まってたらもっと美味しく食べられるのに

見た目はかなりの量があるように感じますが
麺も豚もそれほど労せず完食
スープは3分の1ほどにとどめました
麺量230gなので成人男性なら余裕で食べられるでしょう
僕の後に入店した3人組は全員大盛にしてましたしね

日吉って慶応があるのに二郎インスパイア系よりも家系が多いですね
横浜だからかな?
それともハマの慶大生はガッツリしたラーメンはお嫌いなのでしょうか?
若い人たちにはもっとたくさん食べてもらいたいものですね
僕は少食なので今後もいままで通り控えめに食べようと思います

以上、レポっす

2013年11月28日木曜日

赤鶏らーめん 大盛(鶏の穴@池袋)







11月28日は「いいニワトリの日」なのかどうかよく分かりませんが
久しぶりに鶏の穴へ

鶏の穴では限定麺をよく食べている気がします
今回はレギュラーメニューの赤鶏らーめんをセレクト
辛そうなので敬遠していましたが、某旨辛ラーメンで辛さ耐性が上がりましたからね初挑戦です
これでレギュラーメニュー全制覇
といっても3つしかありませんけどねw

券売機で食券を購入して入店
空席が2~3席あったので座って食券を渡します
ランチタイムは味玉サービスなのでお願いしました
僕が入店する前に5~6人の団体が入ったので10分ちょっとかかって着丼

まずはスープから
鶏白湯のトロミのあるスープ、ややカエシを効かせてるようですね
思ったほど辛くないなぁ…と思ったら
後からグワッと来ましたよ
辛味は唐辛子じゃなくて山椒なんですね~
喉の奥から舌の付け根に来る辛さ
そしてスープの上に乗ってる鶏そぼろ肉は辣油で味付けされてるようですね
混ぜると更に辛味が増します
でも全体的には鶏白湯がマイルドに包み込むので後を引きずる辛さになります
これ、ハマる人結構いるんじゃないでしょうか?

麺は中細のややウェーブがあるタイプ
モッチリシットリした感じ
スープとの絡みもバッチリです

具は鶏チャーシューが2枚、味玉、シナチク、ネギ
鶏チャーシューは歯応えがしっかりしてるタイプ
厚みもあり、鶏肉食べてる感がとても良い
味玉は店のロゴが付いてるお馴染みのもので
黄身がトロトロでスープと一緒に口に含むととても美味しいです

辛さでジンワリと汗をかきながら完食
スープは半分ほどでごちそうさま

鶏の穴は個人的にはつけ麺の方が好きなんだけど
このスープでつけ麺を用意して欲しいなぁ
通って顔馴染みになれば裏メニューとしてコッソリ出してくれるかな?
でもここの店員さん、なんだかぶっきらぼうであまり話し掛ける雰囲気じゃないのよね…

以上、レポっす


東京都豊島区東池袋1-39-20 慶太ビル1F

2013年11月26日火曜日

ちくわ天そば 大盛(生そば玉川 池袋東口店)





会社から池袋駅に向かう途中
銀行に寄りたかったのでみずほ銀行の横を通ったら
いつの間にか新しい蕎麦屋がオープンしてました
確か以前も蕎麦屋だったはず
どんな感じか気になったのでとりあえず入店してみました

中に入ると左手に券売機が2台
お店のウリは肉つけそばのようですが
あまり肉という気分ではなく…なのでちくわ天そばにしました

どのメニューもだいたい500円でお釣りが来るラインナップ
なので立ち食いなのかな?と思ったら
席は全部椅子がありますw
でも奥に長い店で、壁向きのカウンター席、中央に向かい合わせのカウンター席
(カウンター席は計3列)
更にテーブル席もあるので、人が通ると座ってる人の背中にぶつかりそうになります
立ち食いで良いからもう少しレイアウトを改善した方が良い気がするけど

一番奥へ進んで食券を渡します
オープンしたばかりだからか店員さんは5名体制
この金額で5人じゃ相当の杯数を捌かないとでしょうね
でもかなりテンパってるようでした
まぁ慣れてくればもう少しスムーズになるでしょう

店内の案内書きによると「自家製粉・自家製麺の二八そば」だそうです
それでこの価格なら良心的ですね

3~4分くらいで番号を呼ばれたので受け取ります
あら、ちくわ天が2つも
しかもデカい
では早速いただきましょう

蕎麦は平打ちですね
この価格帯の蕎麦屋さんでは珍しいような気がします
食感は少し固め、平打ちだからか、それともこういう茹で加減なのか
蕎麦の風味がカエシで弱められてますね
ていうか、カエシが強すぎるのか?
麺つゆに浸ってないもりそばとかにした方が良かったかなぁ
折角店内で挽いてるのになんだかもったいない

具は大きなちくわ天が2本、細切りにされたカマボコ、ネギ
ちくわは半身になってるのでこれでちょうど1本分ですね
揚げたからからか舌触りがネットリするちくわでした

大盛にしたのでなかなかのボリューム感
程良い満腹度でごちそうさまでした

すぐ近くには大戸屋、ゴーゴーカレー、富士そば、スパゲティのパンチョ
半径50m圏内で飲食店が乱立状態
この辺りはかなり競合が激しくなりそうですね

以上、レポっす

2013年11月25日月曜日

蒙古タンメン + 野菜大盛(蒙古タンメン 中本 東池袋店)








先日無事に全店制覇した中本ですが
25日に東池袋店がオープンするという情報を得ておりまして
当日は会社を午前休にして伺うことにしました

中本ファンなら新規開店は何度も経験しているんでしょうけどね
僕は新参者なので初体験です

新規開店は相当の人数が並ぶよ!という話を聞いていたので、開店の1時間前、10時には着こうと思っていたのですが
ちょっと寝坊して10時半着
こりゃ相当並ぶことになるだろうと覚悟しました

が、店の前に行くと並びは20人くらい
なーんだ、そんなでもないじゃん

店の外観写真を撮って並ぶと、列の最後の人から
「中本に来たんですか?アッチにも続きがありますよ」
と言われる
あれ?
よく見るとサンシャイン通りに店員が旗を持っている
そちらに向かうと…ズラーッと長い行列が!
oh...50人くらいは並んでますよ
これが中本の新規開店なのね
行列に後続すると、僕の後ろにも何の疑問も持たずに並ぶ人が続いて更に更に長い行列に
きっと100人以上は並んだと思います

お店は11時開店ですが、15分前くらいに開店した模様
ゾロゾロと行列が進み始めました
途中で2代目・白根社長が登場し、並んでる人たちに
「お待たせして申し訳ありません」
と1人1人に挨拶していく
あれ?
もしかしてちょっとふっくらされました?w
ま、僕も人のこと気にしてる場合じゃありませんけどね…

80分並んでようやく店の前
入口の左横にはビルのエレベーターがあり、その横に2階、3階のあやしい店の看板が出ています
なんだか激しく気になりますが、邪念を振り払って待機
そこから10分程でようやく入店しました

券売機でいつも通り蒙古タンメンと野菜大盛をポチッと
そして店員さんから開店祝いのタオルをいただきました
先着100名に配っているそうで、中本ファンならもう何枚も持ってるんでしょうね
僕は新参者なので初めていただきました

店内はさすがにピカピカで綺麗ですね
22席もあるそうです
並んでるときに食券を渡しました
すぐに席が空いたので着席、そして着丼
入店から着丼まではスムーズでしたね

まずはスープから
こ、濃い…
蒙古タンメンは各店でひと通り食べましたが、東池袋店が一番濃いですね
開店日だからたまたまかもしれませんが
麻婆餡は慣れたからかそれほど辛く感じず
崩れてはいますが豆腐が多目で嬉しいですね

野菜は各種バランス良く入っていましたが、豚バラ肉だけちょっと多目
これも開店日だからでしょうか
次回確認したいところ

あれ?
麺はもう少し縮れてたと思うけど
食感は気持ち固め、そして噛み続けると小麦の甘味が出てくる
町田のプリプリ麺は美味しいけど、この麺も美味い
もしかして他店と違う?
それとも僕の記憶違いか…?
う~ん、中本は奥が深い

麺と具を食べ終え、いつも通り酢をまわしかけ
丼を持ってスープ完飲、ごちそうさまでした

これで再度全店制覇達成
東池袋店は会社から歩いて2分という好立地(?)
今後は何度もお世話になると思います
新参者ですが今後共よろしくお願いいたします

以上、レポっす

2013年11月23日土曜日

【東京】新東京背脂ブラック わぽ軒(東京ラーメンショー 第2幕@駒沢公園)

2011年にオープンしたラーメン店が中心に12店舗で構成された「(仮)日本のラーメンを変える若手っぽい会」、通称「わぽ会」が「わぽ軒」として出店
ラーメン好きなら泣く子も黙る店がズラリ(ほんとかよ?)
しかし!
実はその店の殆どが未訪w
ま、僕はラヲタ未満の半端者ですからね
店にはおいおい行くとして
東京ラーメンショーというイベントだし、どんなラーメンに仕上げてきたのか楽しむことにしましょう

せっかくなので全部乗せトッピング
麺が見えないくらいデカいチャーシューが嬉しいですね

スープはカエシがかなり強めで喉を刺激します
が、背脂の甘みで飲んじゃうんですよね
かなり大粒の背脂、プヨプヨがたまらない

麺は中太縮れ麺
ちょっと固め、もしかして茹で時間が短かったんじゃ?という感じ
ま、イベントですからブレもあるでしょう

具はチャーシュー、シナチク、味玉、ネギ
チャーシューはややパサ気味
味玉は至って普通
ネギが何気に美味かったw

スープは飲み干しそうになるも、自主規制で半分くらいでごちそうさま
美味しかったけど、いくら有名店が揃ってもイベントだと実力を発揮できないのかも…
やはり実店舗をキチンと回らないとダメですね
横着はいけませんわ

もう1杯くらい食べたいと口が欲してたけど
昼につけ麺食べたしやはり自主規制で終了

今回の東京ラーメンショー、3回×3杯、トータルで9杯
いろんなラーメンと出会えて楽しかったです
来年も楽しみ!

以上、レポっす


東京都世田谷区駒沢公園1-1 駒沢オリンピック公園 中央広場

【宮城】杜の味噌とんこつ ~海と大地の松島味噌~(東京ラーメンショー 第2幕@駒沢公園)







2軒目もまた宮城
「牛タンサービス中!」という呼び込みに釣られて食べましたw
都内の有名店(百麺、中華そば むら田、戸越らーめん えにし)のコラボですが
宮城の食材にこだわった1杯に仕上げたようです

スープは豚骨ベースに宮城の米(ひとめぼれ)と豆(ミヤギシロメ)を使った松島の手作り味噌
この味噌、優しい口当たりでとても美味いんですよ
田舎のおばあちゃんが語り掛けてくるような感じ
これは良い味噌だなぁ…

麺は中太のやや縮れ麺
今回のイベント用に用意した、海苔を練り込んだ特注麺とのこと
海苔は感じないんだけど、噛み続けると甘みがジワジワと出てくる
この麺、スゲー美味い!

具は豚チャーシュー、牛タン、モヤシ、むう、麩、ずんだ
チャーシューと牛タンはグリルで焼いてましたね
香ばしさがプラスされてGood
むうというのは大豆と魚を使った豆腐かまぼこだそうで
今回はかぼちゃも練り込んだらしい
かぼちゃのほんのりした甘みが美味しい
麩は特に味がするわけでなく…まぁ彩りに使ったということでしょう
ずんだは鶏ひき肉と柚子胡椒を混ぜたものとのことですが…う~ん、必要?
この味変要素は無くても良かった気がします

麺と具は完食
スープは半分くらいでごちそうさま
ずんだの味変が無かったら完飲しちゃっただろうな
でも実店舗で出して欲しいクオリティ、とても満足できました

以上、レポっす


東京都世田谷区駒沢公園1-1 駒沢オリンピック公園 中央広場

【宮城】鮮魚のアラ炊き中華そば(東京ラーメンショー 第2幕@駒沢公園)





上大岡の用事を後えて
改めて上大岡周辺の店をまわりたかったのだけど
東京ラーメンショーの第2幕でまだ食べたいラーメンがあったのでラーメンショーを優先
横浜で東横線に乗り換え、自由が丘からバスに乗って駒沢公園へ

1軒目は鮮魚のアラ炊き中華そば
復興支援で去年の暮れまで活動していた「あおぞら食堂」の味を再現、とのこと
こういうラーメンが食べられるのはイベントならではですね

スープはパンフレットの写真よりも澄んだ清湯醤油
アラ出汁と生姜がかなり強く効いていてとても良い感じ
表面には結構な油膜、背脂も浮いてるけどコッテリ感はあまりありません

平打ちの縮れ麺はモッチリ食感
なんとなく喜多方ラーメンに似た印象の麺ですね
ズルズルと啜るのが楽しい

具はチャーシュー、鶏そぼろ、シナチク、ネギ、ワカメ
チャーシューは厚みのあるバラ、スープがシミシミで美味いですねぇ
鶏そぼろは最初は団子状なのですが、段々と崩れていきます
スープを飲むときに一緒に口に入ってきて鶏と魚介の味わいがこれまた美味いんですよ

ややショッパーでしたが我慢できずに完飲完食
期待に応える美味しさでした

以上、レポっす


東京都世田谷区駒沢公園1-1 駒沢オリンピック公園 中央広場