Subscribe: follow us in feedly

2013年9月30日月曜日

2013/9/30 つけ麺 中盛(中華そば べんてん@高田馬場)





9月最終日、自分の売上を見て愕然とする…
なんと酷い成績だ
しかし穴が開きそうなくらい見たところで数字が増えるわけじゃない
こういうときは美味しいものを食べて気分転換
来月からは気を引き締めて頑張ろう!
ということでべんてんへ
べんてんは僕の中で「美味しいもの」の基準になってる気がする

14時45分着
いつもなら店の外の川っぷちに長い行列ができてますが
昼の部の終わりに近い時間だったので空席あり
次回はラーメン食べようと思いつつ、今回もまたつけ麺を注文
そして少食なのに中盛と言ってしまった
ここは並でも普通のラーメン屋の2倍、中盛は更にその倍
でもドカ食いしないと満たされない自分がそこにいたのです…

待つこと10分少々
先にスープが、そしてその後に麺が
あ、これはやっちまったか!?
ラーメン用の丼に山盛になった麺、これ全部食べられるのかしら…
いや、これを食べられればきっと自分を変えられるはず!
と訳の分からないことを言い聞かせて食べ始めます

食べ切るためにはスピード勝負
モタモタしてたら満腹中枢が働いて食べられなくなりますからね

スープは粘度の無いシャバタイプ
魚介系と動物系が強く出ていて、酸味と甘味が同居
かなりオイリーですが麺との絡みがしっかりしています
やはり美味いなぁ…

麺は太いストレート
モッチモチなのにコシもあり
歯応えも喉越しも抜群

スープの中には細切りにしたチャーシュー、シナチク、ネギ、海苔
チャーシュー、こんなに多かったっけ?
シナチクも多い気がする
閉店前のサービスかしら?

美味しい美味しいと食べ進めていきますが
さすがに後半はキツくなる
だって茹で前で650gもあるんですよ?
茹で後はきっと1kgくらいあるんじゃないでしょうか?
スープも薄くなってだんだんと味がしなくなってくる
だけど手を止めたら完食は厳しくなります
卓上のニンニクと酢を投入して味変、どうにか完食いたしました
ゲフー( ´Д`)=3

スープ割りを頼もうかと思ったけれど、そのままで飲める濃さになってたのでゴクゴク飲んで完飲
どうだ!全部食ってやったぜ!
別に誰にも褒められないのに小さくガッツポーズ

相変わらず美味しいんですけどね
最後まで美味しく食べるには並が調度良いですね
大盛(茹で前で1kg)とか食べる人はどうしてるんだろ?
スープ追加してくれるのかな?
ま、僕は少食なので大盛なんて無謀なことはしませんけどねw

以上、レポっす

2013年9月28日土曜日

タンメン(醤油) + 餃子(湯麺 大八@東池袋)




東池袋に用事がありまして
そうなると行くのは大勝軒…じゃなくて大八!
前回とても好印象でしたからね

入店して券売機とニラメッコ
今回もタンメンをいただきます
もちろん大盛、だって無料ですからね
そして餃子もポチッと
タンメン730円、餃子270円、合計1,000円
お釣りで餃子が買えちゃうとこがズルいw

食券を渡して着席
前回は塩を食べたので今回は醤油でお願いしました
まだまだ残暑が厳しいですが、厨房内はもっと厳しい暑さでしょうねぇ
タンメンとか味噌ラーメンとか、中華鍋を振るって作る料理は大変ですね
食べる方は気楽ですけどw

まず先にタンメン、そしてすぐに餃子が
見た目は塩と同じですね
スープの色が違うだけ

まずはスープから
野菜から出ている旨味が強く出ています
若干の背脂でコクもあり
醤油ではありますが、カエシは弱めなので塩と言っても良いくらい
野菜をタップリ食べることを考えるとこのくらいが調度良いのかも?

麺は中細角断面のストレート麺
前回訪麺時に9月までは全粒粉入りの特別麺と聞いていたのですが
9月末なのでもう終わってしまったのか全粒粉は入っておらず
でも自家製のこの麺はやはり美味しいですよ
スープを良く吸う割には柔らかくならずにキリッとしてるんですよね

具はとにかく野菜がいっぱい、豚バラ肉もちょっと入ってます
野菜を炒めるのに結構油を使ってると思うんだけど
スープがアッサリなので全然しつこくない
純粋に野菜を美味しく食べられます

餃子は薄皮でパリっとしてて
餡がミッシリ、肉汁ジュワー

今回も完飲完食でごちそうさま
量が多いだけの店って後半飽きてくるけど、ここのは最後まで飽きずに食べられるんだよなぁ
麺量300g + 野菜350g、それに餃子もあるのに

さて、残すは味噌
寒くなってきたら味噌タンメン美味いだろうなぁ
次回が楽しみです

以上、レポっす


東京都豊島区東池袋5-7-1

2013年9月27日金曜日

王様ラーメン(熊本ラーメン こむらさき 新横浜ラーメン博物館店)



龍上海を食べて、現在ラー博に入っている店は全店制覇したわけですが
かと言って1杯で終えたらもったいない
2店目はラー博に出店してすぐの頃に食べたきりになっているこむらさきにしました
前回から7~8年は経っているので、どんな味だったか記憶が定かではありませんしね

券売機とニラメッコ
普通のラーメンとどう違うのかよくわかりませんが、おそらくオススメであろう王様ラーメンをポチッとして入店

店の外で行われている大道芸がなかなか素晴らしいようで、他の入場客が拍手喝采
まぁこの時の僕はやって来るラーメンにしか興味がありませんでしたけどね
で、着丼
大きなチャーシュー、そしてその上にガーリックチップが振り掛けられていますね

まずはスープから
ガーリックチップが掛かってないところから一口
あれ?
こんなにクリーミーでこんなにアッサリとした豚骨だったんだ
臭みも全く無い
もっとコッテリしたイメージだったんだけどなぁ
ガーリックチップを混ぜると突然パンチのある味わいに
それでも飲みやすいスープは二日酔いのときに最適じゃなかろうか?
ま、もちろんシラフでしたけどねw

麺は中細ストレート、加水率高めでプリっとしてる
麺も全然記憶違い
アッサリ豚骨だとこういう麺も合うんだなぁ

具はチャーシュー4枚、シナチク、キクラゲ、モヤシ、ネギ
チャーシューは箸で切れるほどに柔らかく
モヤシは細くてシャキシャキ
シナチクはキクラゲに合わせたのか細いタイプ、キクラゲとの食感の違いが楽しい

麺量はそれほどでもないですが、具がボリューミーでお腹に溜まりますね
でもスープはストップできずに完飲

いや~
だいぶ前に食べたとは言えこんなにも曖昧に覚えていた自分にビックリ
博多豚骨とイメージが交錯してましたね
良い経験になりました

もう1杯食べたいところではありましたが
用事に間に合わなくなるのでこれで撤退
味噌とんこつが気になりますね
このスープならきっと美味しい気がする
次回の課題にしたいと思います

以上、レポっす

赤湯からみそラーメン(龍上海 新横浜ラーメン博物館店)




新横浜に用事がありまして
そしたら必然的に寄ってしまうラーメン博物館
来る度にフリーパスにしようか迷うのだけど、どうせしばらく来ないと思って普通の入場券を購入して今年4回目の入場w
最初からフリーパスを買っておけばラーメン代が浮いたのに

さて、今回は現在ラー博に入っている店の中で未食の龍上海
辛いのが苦手なのでずっと避けていましたが
某旨辛ラーメン日本一を掲げるお店で修行してますのでもう大丈夫でしょう

平日なのでどの店も空いてますね
食券を購入して入店、店員さんに渡して着席
7~8分ほど待ったでしょうか、アルミのお盆に乗せられて着丼です

真ん中にドカンと乗せられた辛味噌、インパクトがありますね
写真では何度も見てますが実物を見るのは初めて
辛いだろうと思いながらも冷静さを失わなくなったのは修行の成果でしょうか

まずは辛味噌を混ぜずにスープから
表面をかなりのラードが覆っていて熱い熱い
辛味噌を混ぜなくてもベースは味噌なんですね
魚介系の香りがフワッとして、なんとなく蟹味噌のような錯覚
でも、これだけだとボヤッとしててそんなに美味しくない

では辛味噌を混ぜましょう
レンゲの上でチョコチョコと混ぜ、後から全体を混ぜ混ぜ
そしてスープを
おおぅ!
確かに辛さはあるものの、それよりも味噌の美味さがグワッとやって来ます
ちょっと特徴のある赤味噌、関東の味噌と違いますね
人によっては抵抗ある味かもしれませんが、僕はハマりました

麺は厚みのある平打ち縮れ麺
これがモチモチでチョー美味い!
スープに負けないためにはこの麺じゃないとダメなのでしょう
漠然と、東北のラーメンは平打ちが多いイメージを持っているのですが
ここのはこのスープだからこそこの麺にしたんだという感じ

具はチャーシュー2枚、シナチク、ナルト、ネギ
具では無いけど青海苔がパラパラと
チャーシューは脂身の乗ったバラ肉でトロトロ
青海苔は僕の舌がまだ未熟なために必要性を感じられず

麺量は180gということですが、気付いたら食べ終えていて
その頃にはこのスープの中毒性に取り憑かれそうになっていたけれど
飲み干したらヤバそうなので半分ほど飲んだところでどうにか現実に戻ってごちそうさま

東北遠征をすることがあったら必ず本店に行きたいですね
それまではラー博で我慢します…

以上、レポっす


神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F

2013年9月26日木曜日

雲呑麺 大盛(支那そば屋 こうや)











世間には◯◯系と呼ばれるラーメンがたくさんありますね
二郎系とか、たんたん亭系とか、大勝軒系とか…
特に目立った存在ではありませんが「こうや系」と呼ばれる店があります
いつか行こうと思っていて行きたいリストには入れていたものの、なかなか行く機会が無く
そんな折、メインで使っているSNS・Google+でオフ会をこうやでやるという話になり
え?
ラーメン屋でオフ会?
夜はみんな飲んでるよ、という話なので
まぁたまにはそういうのもアリかな?ということで訪麺しました

19時集合、10分前に到着、まだ誰も来てません(ーー゛)
店を覗くと…まるで居酒屋w
お客さんはワイワイしながら飲んでます
そんな様子を見てたらみんな集まったので入店、そして乾杯

日頃の鬱憤が溜まってるのか酒が進む進む…
そして最後に〆で雲呑麺、ラーメン屋だから当然です
大盛を2つ頼んでみんなでシェアすることにしました
飲んでると時間の感覚が無くなりますが、たぶん10分くらいで着丼
お椀によそって各自いただきます

まずはスープから
豚骨主体の白濁したスープ、臭みはほとんどありません
鶏ガラを合わせていてスッキリした飲み易さ
酒を飲んだ後には最適ですね~美味い!

麺は中細の縮れタイプ
いっぱい食べて、いっぱい飲んだ後でもスルスルと食べられます
ちょっと柔めだけれど、柔麺好きの僕にはちょうど良い感じ

具はチャーシュー、ワンタン、シナチク、浅葱、海苔
チャーシューは中華料理店のラーメンらしい焼豚、柔らかくてトロトロです
特筆すべきはワンタンで、まるでシュウマイみたいに餡がタップリ
一口では頬張るのも大変なくらい大きくて食べ応えがありますね~

酔っ払っててもどんな味だったかは覚えているもんですね
僕のバカ舌も少しは成長したのかしら?
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいましたが
こうやって集まれる仲間がいることに感謝
そして美味しいラーメンを食べられることに感謝

以上、レポっす

特製豊魚鶏だし醤油ラーメン(麺処 さとう@本蓮沼)





本蓮沼に用事がありまして
巣鴨から地下鉄に乗って行く方が早いけど
池袋からバスに乗っていく方が乗り換えなし
のんびりバスに揺られて向かいました

駅前を通ったとき、ふと看板が目に入ります
「自家製麺 麺処 さとう」
おっと、なんだか気になるわ
用事をササッと済ませてお店に向かいました

券売機はお店の外
初訪なので左上の法則(左上がお店のオススメのことが多い)
特製豊魚鶏だし醤油ラーメンのボタンをポチッと

入店すると…あれ、お客さんがいない
もしかしてハズレ?

着席したら慌ててスマホでお店の情報をチェック
すると東十条のほん田出身とのこと
だったら期待できそうなもの
でもお昼時だというのになんでこんなにお客さんがいないんだろ?
しかも駅の真上という好立地なのに

食券を渡してから7~8分ほどで着丼
なんとも綺麗なビジュアルじゃないですか

まずはスープから
すぐに魚介系が、そして後から鶏がフワッとやって来ます
表面を覆う香油で若干オイリーなため味が少しボヤッとしてしまうものの、体にサーッと染みてくような優しいスープです

麺は看板に自家製麺と掲げるだけあって絶品ですね
細いストレート麺ながら力強さを感じます
歯応えも喉越しも良く、スープの持ち上げも抜群
ちなみに中盛まで無料ですよ

具はチャーシュー3種、半身の半熟玉子が2つ、シナチク、水菜、白ネギ(エシャロット?)、海苔
チャーシューは左からローストタイプ、味噌漬け、真空低温調理のレア
特に真ん中の味噌漬けが激ウマで、口に入れた瞬間まるで宙に浮いたかのような高揚感
よくラーメンレポを見てると「椅子から転げ落ちるぐらい美味い」という表現がありますが、それを超えた美味さですね
もちろん他の2種も他のラーメン店では滅多にお目にかかれない美味しさですよ

当然ながら最後の一滴まで綺麗に飲み干して完飲完食
久々に堪能できた一杯でした

食べてる途中で2人ほどお客さんが来ました
なんでこの店はこんなに来店が少ないんだろう?
地下鉄の駅の真上ですよ?
しかも普通のラーメンなら680円
今回食べた特製ですら930円、1,200円でも食べたいくらい
もっと流行って欲しいですねぇ
濃厚魚介豚骨というのもあるので早々に再訪したいと思います

以上、レポっす

2013年9月24日火曜日

チャーシューざる(らぁめん ほりうち@新宿西口)




3連休、みんなは満喫したかもしれないけれど
僕はしっかり仕事したので連休明けのこの日は休みにしました
が…
休みと言ってもやることない
ま、ラーメン食べるくらいが関の山
でもまだラーメン屋は営業してないのでフラっとパチンコ屋へ

パチンコなんて2~3ヶ月に1回やるかどうか
なのでどんな台が良いのかなんて分かりません
適当に席に着いて打ち始めると…
日頃の行いが良いのでジャラジャラと出てしまいましたw

ちょっぴりリッチになりましたので
こういうときは満来でチャーざる!
お店の前に着くと相変わらず混んでます
すぐ近くのほりうちを覗くと空席あり
そういえばほりうちは未食だったっけ
満来との比較も良いかも、ということで入店

券売機でお目当てのチャーざるをポチッとして席に着きます
厨房が見えない席だったのでおとなしく待っていると5分くらいで着丼
来ました来ました、山盛の肉が!

まずは肉から片付けます
そのままだと麺を入れられませんからね
満来と比べると大きさは控えめですが量はさほど変わらないと思います
肉質は柔らかいのにしっかりして舌触りが上品に感じます

肉を半分ほど食べ、残りの肉は麺の方の皿に移動して
これでやっと麺が食べられます
ピカピカに輝く平打麺、満来よりも厚みがあるような
ちょっと柔らかめの茹で加減、も少しコシがあると良いのだけど

スープは鶏ガラベースの清湯醤油、酸味は控えめ、最初から唐辛子が入ってます
カエシも控えめでアッサリ
満来の方がメリハリがありますね

体調が良かったのかペロリと完食
満来だとお腹がパンパンになるんですけどね
麺量は満来よりも少ないのかなぁ?

ほりうちと満来、歩いて10秒の距離
ほとんど同じ味だけど、微妙な差がありますね
どっちが美味しいとか比べるのは無粋と言うもの

隣の人が納豆ラーメン食べてた
新宿御苑で働いてたときは満来出身の佐高でよく納豆つけ麺食べたっけ
いまは魚粉タップリの濃厚魚介系が流行りだけど
僕はやっぱりこういうシンプルな味が好きだなぁ

以上、レポっす


東京都新宿区西新宿1-4-7 高野ビル1F