Subscribe: follow us in feedly

2013年8月31日土曜日

豚肉と紅生姜天おろし(名代 箱根そば 祖師ヶ谷大蔵店)

小田急線に乗ってまして
通勤で使ってますが、仕事でもよく使います
目的地に着いたらラーメンでも食べよう、と思っていましたが
なんだか我慢できないくらいお腹が空いたので途中下車
降りたのは祖師ケ谷大蔵駅、一番最初に目に入ったのは箱根そば

お店の外にポスター
「豚肉と紅生姜天おろし」
美味そうじゃないか!
他の店を選ぶことなく入店して食券を購入
蕎麦とうどんが選べます
「蕎麦で」
と一言添えて食券を渡しました

給水器のとこへ行き、コップに水を入れて一気に飲み干す
するともう出来上がっていました
立ち食い蕎麦はスピード勝負ですからね
ここの店は立って食べるとこより座って食べる席の方が多いですけど

早速席に着いていただきます
かき揚げは固いので汁に沈めておきます
冷やしなので汁は少ないけど

大根おろしとネギ、蕎麦を絡めてズズッと
安定の箱根そば、普通に美味い
そういえば「普通に美味い」という表現は、普通なのか美味いのかどっちなのか?という議論をどこかで見かけたような

あ、そうそう、僕は大根おろしが大好きで
唐辛子とかの辛いのは苦手だけど大根おろしの辛いのは全然大丈夫
蕎麦と大根おろしの相性って最高だわ

汁に沈めておいたかき揚げですが、結局固いまま
そういえば関東では紅生姜天てあまり見かけない気がする
豚肉も脂がスッカリ抜けちゃって固い
揚げたてならきっと美味しいんだろうなぁ…

大盛にしなかったので5分とかからずに完食
ペコペコお腹もとりあえず落ち着きました

小田急線利用者なら誰でも知ってる箱根そば
いつでもすぐに食べられる気軽さが良いとこですね

以上、レポっす


東京都世田谷区祖師ヶ谷1-7-1 祖師ヶ谷大蔵駅改札前

2013年8月27日火曜日

冷し酸辣湯麺(らあめんHAJIME@十条)






以前こちらで美味しい牛骨スープのラーメンをいただきまして
早く再訪したいと思っていましたがなかなか伺えず
十条って近いようであまり用事がないんですよね
で、ラーメン情報をチェックしていたら冷し酸辣湯麺を限定で出してると
酸辣湯麺好きとしては行かなきゃダメでしょ!ということで再訪です

店内に入ると入口すぐに券売機
冷し酸辣湯麺は味玉牛塩の食券を購入するように、との案内書き
その通りに食券を購入し、店員に「サンラータンで」と言って渡しました

着席してテレビを見ながら待機
「湯麺なのに冷しってヘンだよね~酸辣冷麺じゃね?」
とか
「サンラータンメンとスーラータンメン、どっちの読みが正しいんだろ?」
とか考えてたら着丼

まずはスープを混ぜないで1口
冷たいながらも牛骨らしい味わいを感じるスープ
そして生姜が良く効いてますね
これは美味い!

今度はスープを良く混ぜます
(写真だと影になって分かりづらいですが、右下のとこ、ネギの上にタレがあります)
おっと、酸味と山椒がプラスされました
酸辣湯麺の味か?と聞かれたらちょっと疑問ですがw
でも牛骨スープに合わせてこの味に調整したのでしょう
バランスの違和感は全くありません

麺は中太の平打ち、ウェーブあり
モッチリした食感がとても美味しいです
でも冷たいスープなので絡みはちょっと物足りないかな…

具は温泉玉子、ネギ、シイタケ、タケノコ、鶏そぼろ肉
溶き卵にできなかったから温泉玉子にしたのかな?
タケノコのシャクシャク食感が良いですね
そぼろはかなりの量でボリュームあります

山椒の痺れる辛さは全然気にならず、冷たいスープなのでアッサリと完飲完食
冷し酸辣湯麺、というよりは、酸辣湯麺風(?)の冷しラーメンでしたね
HAJIMEらしいアレンジで面白かったです
来年もやるならもう一度食べてみたいなー

以上、レポっす

らーめん + 特増し(燦燦斗@東十条)





ちょっと気になる限定麺の情報がありまして
そのお店に行く前に燦燦斗へ寄りました
こういう書き方をすると燦燦斗が「ついで」みたいに思われるかもしれませんが、そんなことはありません
こちらも前から行きたかったお店ですからね

開店15分前に到着、待ちは4人
もっと待ってる人がいると思ってたので一安心
しかしその後続々とお客さんが来ました
あと5分遅かったらかなり待つことになりましたね

18時ちょうどに開店、1人ずつ入口で食券を購入して中へ入っていきます
ここは油そばも有名ですが、初訪なのでラーメンをセレクト
一緒に特増し(チャーシュー3枚・メンマ増し・味玉)もポチッと

席はカウンターで8席、4人分ずつ作るようです
僕はセカンドロット、最初のロットの人たちが美味しそうに食べてるのを横目で見ながら10分ちょっと待ったところで着丼

まずはスープから
かなり乳化した白濁スープ
動物系の旨味が強く出ていますが、クドさは皆無
魚介はほんのり、でもしっかりと主張してます
素直に「美味い」と言いたくなる良スープですね
濃厚ながらもスーッと飲めるので飽きが来ない

麺は角断面の太いストレート
真っ白で美しい
かなり強いコシ、喉越しが気持ち良い
自家製麺を看板に掲げるだけあって美味しいですねぇ

具はチャーシュー、味玉、シナチク、ネギ、カイワレ
レア気味で厚みのあるチャーシューは柔らかいのに噛み応えもあり
肉質がしっかりしていて口に含むと幸せな気分に包まれます
カイワレの優しい辛味がアクセントになってますね
そういえばカイワレ入れてるお店って少ないような
もっと使われても良いと思うんだけど

麺量200g、チャーシューもボリュームあるので食べ応え十分
スープももちろん飲み干してごちそうさまでした

実は、こちらのお店で一番美味しいのはレモンサワーとのこと
その情報は知らなかった~!
次回は油そばとともにいただきたいと思います
もちろん飲むからには仕事の後に

以上、レポっす


東京都北区中十条3-16-15

2013年8月26日月曜日

とんこつラーメン(博多風龍 サンシャイン通り店)


体がすっごくすっごく豚骨を求めてまして
でもいちいち食べに出かけるのが面倒臭い
そういうとき近場に風龍があると助かりますね

ところで風龍ですが、池袋には西口店・東口店・サンシャイン通り店の3店舗もあります
池袋東口には似たような看板の博多天神もあります
どこの店もラーメンは500円で替玉無料(天神は1玉、風龍は2玉)
池袋ってそんなに豚骨の需要があるんですかね?

ま、そんなことは置いといて
店に入って券売機とニラメッコ
トッピングを追加すると割高に感じる貧乏人、デフォのとんこつラーメンのみ購入
麺の固さとかは何も指定せずに食券を渡します

スープは別のところで作ってるので温めてるだけですね
麺をササッと茹でてトッピング乗せて完成、すぐに着丼
3分かからずに食べられるんだからカップラーメンより早いってことか

まずはスープから
豚骨特有の獣臭は皆無、サラッサラでかなりクリーミー
豚骨が苦手な人でも食べられるんじゃないかな?

麺は豚骨ラーメンらしい低加水のパツパツ細麺
これより固いとボソボソして美味しくないんじゃないの?と思うんだけど
なんでみんなバリカタとかで頼むんだろうね?

具はチャーシュー、ネギ、キクラゲ
そういえば豚骨ラーメンてキクラゲ入ってるよね
長崎ちゃんぽんの影響なのかな?

無料なので当然替玉
ニンニクと紅生姜を投入して
あーー美味い!
ニンニクって最強の薬味だよね

2玉まで無料だけど
今回は豚骨を欲していただけなので1玉でオシマイ
スープを飲み干してごちそうさま

美味しさを追求するならもっと美味しい店はいくらでもあるし、そこに行けば良いだけ
ワンコインで気軽に食べられて、しかもお腹いっぱいになって、そして満足が得られる
世間は「美味しい」だけを求めてる人ばかりじゃないってことだよね
そういうニーズをしっかりと受け止めてくれる風龍、僕は大好きです♪

以上、レポっす

2013年8月25日日曜日

そると白湯そば(鶏そば そると@下北沢)




下北沢に用事がありまして
前回(4月)は清湯を食べたので、今回は未食の白湯を、と思って再訪麺

ここは口頭注文後会計なので入店してすぐに着席
メニューを見ると白湯は何故か端っこの方、清湯はデカデカと載ってるのに
清湯の方をオススメしてるってことかしら?
それとも白湯の方はつけ麺が良いのかな?
でもめげずに(?)白湯そばを注文

5~6分待ったでしょうか
前回同様、カウンター越しではなく席の後ろから丁寧に運ばれてきて着丼
具沢山で麺が見えませんね~

まずはスープから
おぅ…めっちゃ美味い!
トロットロの鶏出汁が良く出てるスープ
そして鶏油によって濃厚なコクが
まるで鶏で家系を作ったかのような味わい
これ、好きだわ~

麺は角に近い平打ち、清湯のものよりもちょっと太いのかな?
黒いプツプツが入ってるのが見えますね
おそらく全粒粉入りでしょう
(ていうか、メニューに全粒粉入りって書いてあったw)
モッチリした食感で舌触り・歯応えがとても良いですよ
スープの持ち上げもバッチリ

具は鶏チャーシュー、揚げ茄子、カボチャ、トマト、シナチク、鶏そぼろ、水菜、ネギ、糸唐辛子、海苔
特製には豚のチャーシューとか味玉とか入ってるけど、これでも十分なボリューム
鶏そぼろは崩れやすく、わざと混ぜ混ぜしてスープと一緒に飲むとウマウマ
シナチクだけ違和感あったなぁ…
美味しくないわけじゃないけど、このラーメンにはシナチクは無くて良いと思う

汗をかきながらもガッツリ食べて、スープも飲み干してごちそうさま
好みもあると思うけど、僕は清湯よりも白湯の方が気に入りました
清湯のときもだったけど、ちょっと塩分濃度が高いかな?
ご飯と一緒に食べるならちょうど良いかもしれない

次回はつけ麺を食べてみます
通勤途中のお店だし、なるべく早めに来よう

以上、レポっす

2013年8月24日土曜日

特製豚鶏中華そば(赤備@川崎)







川崎での用事が済んだ後、川崎での宿題店・赤備に訪麺
ここはつけ麺 玉の3rdブランド
玉にも2ndブランドの三三七にも行ってないのにいきなり赤備に行くのはどうかと思ったりもしたけれど
まぁ順番通りに食べたからといって得することは別にないしね

お店に着くと赤い大きな看板、なんとなく資本系を思わせます
ま、僕はまだまだラーメン初心者、ラヲタでもなんでもないのでそんなことは気にせず店内へ

入口に入ってすぐのところに券売機
玉の系列なのでつけ麺にしようかと思いつつ、気分はラーメンだったので鶏豚中華そばをセレクト
ポチッとして入口近くのカウンター席に着席して食券を渡します
2階にも客席があるようですね

5分ほどで着丼
真っ赤な丼はインパクトありますね

ではスープから
獣臭は低めなれどコッテリした豚骨、そしてその後から鶏が追いかけてきます
それぞれを感じるのだけど喧嘩していない
豚と鶏ってこんなに相性が良かったんだ、と気付かせてくれるスープ
粘度はドロドロの手前、天一よりも緩いくらい

麺はパツパツの細麺
基本的には柔麺好きなのですか、豚骨にはこういう固麺がやっぱり合うし、もちろん美味しいですね
ただ、スープに特徴があり過ぎて、他の麺でも美味しいんじゃないか?と思わせてしまう

具はチャーシュー、味玉、シナチク、ネギ、海苔、ナルト
チャーシューは3枚、激ウマ!
大きくて厚みも食べ応えもあります
どうせなら鶏チャーシューも欲しかったところではありますが、まぁそれはただのワガママ
そういえば最近ナルトの入ってるラーメンて見かけなくなりましたね

半分食べたとこで卓上にあった自家製と思われる薬味を投入
これがチョー美味い!
パッと見で大根おろしかと思ったら、タマネギおろしでした
それにニンニクと醤油で味付けしてあるのかな?
グッとコクが増して豚と鶏の旨味を更に引き出しますね

当然ながら完飲完食でごちそうさま
満足度高かったなー
コッテリでも薬味による味変で最後まで飽きずに食べられたし

次回はつけ麺を食べてみよう
川崎に来たら二郎にばかり行かないで他の店にも寄らないとね!

以上、レポっす


神奈川県川崎市川崎区砂子2-2-1

特製芳醇香味そば(塩)(麺屋一燈 ラゾーナ川崎店)




川崎に用事がありまして
でもまだ時間に余裕があったので、川崎での宿題店・麺屋一燈へ
ラゾーナの1階にダイニングセレクションというフードコートがあって、そこに出店しています
フードコートだといろんな制約があるので味にも影響が出そうな気もしますが
クチコミを見る限りではそんなに悪いことも書いてない
ま、そんなの実際に自分で食べてみないと判断できないわけで

会場(?)に着くと、土曜日ということもありお客さんがいっぱい
他にもラーメン屋さんがあるし、もちろんラーメン以外のお店も
目的は麺屋一燈、スタスタとお店の前に
フードコートらしく口頭注文、その場で会計
こちらにはつけ麺が無いんですね
店内のご案内だと芳醇香味そばの塩がオススメのようなので、特製で注文
できあがるとブザーが鳴るやつ(名前分からない)を持たされ、しばし待つとお盆に乗せられて登場
フードコートなので席は他の店と共用、自由に席に着きます

では早速スープから
最初に口に入れたときは「味薄いなぁ」
ところが後からフワーッと出汁の香りが
そしてそのままスーッと体に染み込むよう
それがあまりにも自然すぎて飲んだ感じがしない
なので特徴が捉えられないんですよね
悪い言い方をすれば「ラーメン的なスープじゃない」
化学調味料タップリなガツンとしたものなら記憶に残るんですけどね
あ、もちろん美味しいんですよ?

麺は細い角断面
少し固めの茹で具合、少しパツパツ気味ですね
スープにインパクトが無いので、麺を食べることで「そういえばいまラーメン食べてるんだ」みたいな感じ

具は鶏と豚のチャーシュー、味玉、シナチク、青菜、ネギ、海苔
チャーシューは写真をみれば分かるようにレア仕上げ
でも生臭さは皆無、シットリと舌に馴染む美味しさ
素材の味を引き出す、ってこういうことを言うんでしょうね

なんだか気付いたらスープまで飲み干しちゃってて完飲完食
美味しかったんだけど物足りなさもあり…

あ、そうそう
ラーメンができあがって席に向かうとき…スベる!
お盆の上の丼がツルツルとスベるんですよね
右手に鞄を持ってたので左手だけでお盆を持ってたんだけど
席に着くまでに何度もひっくり返しそうになりました
これ、1日に何人もひっくり返しちゃうお客さんがいるんじゃないかな?
味に関係ないからそんなことはどうでも良いですね

フードコートだからといってバカにはできない味でした
普通のお客さんならビックリするレベルだと思いますよ
僕もラーメンについてはド素人、一般ピープルなんで偉そうなこと言える立場じゃないですけどね
本店ではまだ食べたことないので1日も早く食べ比べてみたいです
でも本店では最初はつけ麺食べるだろうから、その前にまた川崎に来て再確認するかも?

以上、レポっす


神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1階「ダイニングセレクション」

2013年8月23日金曜日

北極ラーメン + バター(蒙古タンメン中本 上板橋本店)



東武練馬に用事がありまして
とは言っても上板橋との間、どちらかというと東武練馬に近いかな?くらいの場所
行きは東武練馬から歩き、帰りは上板橋へ歩く

すると赤い看板が見えてきました
そう、蒙古タンメン中本の本店です
全店制覇を目指しておりますが、本店は移転前に訪麺済
いま持っているスタンプカードにも本店のスタンプが押してある
なのでスルーしようかな?と思ったんですが
「訪麺済の店なら、いつも食べてる蒙古タンメン以外のを食べてみるってのはどう?」
という天使(悪魔?)の囁きが聞こえまして
辛さには慣れてきたし、ここらで北極に挑戦してみようかな?と安直に考えてしまいました

階段を上って2階へ
アイドルタイムということもあり並ばずに入店できました
券売機の前に立ち、恐る恐る北極のボタンをポチッと
もしかしたら辛さがマイルドになるかも?とバターも追加でポチッと
食券を店員さんに渡して着席、ドキドキしながら待ちます

店内のテレビを観ながら待っていると着丼
ついに真っ赤な怪物とご対面
表面には辣油(?)で油の層ができてますが…大丈夫か?

ビビリなのでレンゲにバターを乗せ、一生懸命溶かします
が、バターが固くて全然溶けません
面倒臭くなってスープの中に沈めました

バターの効果もないままスープを一口
(((( ;゚д゚))))アワワワワ
辛い!辛い!辛い!
ベースの味噌スープが辛い
そして舌にシッカリ残る唐辛子
中本で食べ始めた頃のように、体中の汗腺が開いて汗が吹き出るのを体感しました
これ、全部食べないとダメ…?

泣きそうになりながら麺を持ち上げます
いつもの蒙古タンメンなら白さが分かる麺ですが、北極となると赤く染まっています
そしてその麺にはビッシリと唐辛子が
このビジュアルだけで箸を持つ手が止まりそうになりますが、勇気を振り絞って口に運びます
( ´Д`)=3
麺自体はプリプリの手前くらい、僕の好きな食感なのですが
噛む度に唐辛子がジャリジャリします
う~~~辛いっすよ、先輩!(誰?

具はほぼモヤシ、スープの中には豚肉が入ってました
天地返しの要領で麺とモヤシを混ぜ混ぜ
もうちょっとモヤシが欲しいなぁ…モヤシマシってできるのかな?
豚肉は味覚が麻痺しちゃってたので「肉だね」としか反応できず

後半は徐々にバターの効果かスープの色合いがマイルドになった気が
でも辛さが和らぐことはありませんでした

なんだか耳の奥がジンジンして熱くなってきて
それでもどうにか麺と具を食べまして
スープも飲んでやろうと卓上の酢を投入しました
が、バターと酢って相性悪いんでしょうね
麻痺した舌でもちょっと微妙な味わいを感じ取り、なんとか半分は飲みましたが、それ以上は無理でした

メルマガのサービスウーロン茶を一気に飲み干して退店
外はすごく暑かったのに激辛急激摂取で若干寒気、明らかに体調が変化してましたね
その後、数時間は胃に鈍痛を感じました

11店舗も回りましたが、僕にはまだまだ修行が足りないようです
まずは全店制覇、辛さへの追求はそれからにしたいと思います

以上、レポっす

2013年8月22日木曜日

なみえ焼きそば 大盛(杉乃家@福島県二本松市)




福島には喜多方ラーメンや白河ラーメンなど、有名なご当地グルメがありますが
他にも有名なのが「なみえ焼きそば」
B級グルメのグランプリでは常に上位に入る実力
僕はラーメンだけではなく「麺類」が好きなので、福島に来たらコイツは食べておかなければなりませんよね

ということで、なみえ焼きそばと言ったら杉乃家ですね
原発事故の影響で二本松駅前の市民センター内で営業しております
市民センターの駐車場に車を停めると…車から降りた途端にソースの匂いが!
店の外まで漂っていて、この匂いを嗅いだら誰でもお腹が空きますよ

お店に入るとお客さんは半数くらい
みんななみえ焼きそば食べてますw
もちろん他にもメニューはあるんですけどね

着席して注文、なみえ焼きそばを大盛で
店内には「がんばろう浪江 ありがとう二本松」という横断幕が
ほんと、福島の人たちにはがんばってほしい…
そんな想いを胸にしながら待っていたら登場

え…!?
丸い大きな皿にドカッとものすごい量が運ばれてきましたよ
これ、3人前くらいあるんじゃないの?
並盛りの倍はありますね

では早速いただきます!
麺はうどん並の太さ
ていうか、これじゃ焼きそばじゃなくて焼きうどんだよねw
ソースの良い香りが湯気とともに鼻を抜けていきます
見ためは味が薄そうですが、結構濃い味付け
麺は少し柔らかめ、歯応えは弱めですね
でもシャキシャキモヤシがたくさんはいってるので食感が面白い

具はモヤシと豚バラ肉のみ
この豚バラ肉が美味いこと美味いこと
甘みを感じる適度な脂身がソースに絡まって絶妙

単調な味なので、さすがにそのまま食べ続けると飽きてきます
そこで卓上にあるニンニク七味を振りかける
辛さは控えめ、ニンニクの風味とソースの風味がバッチリで箸が進んでしまいます
少食ではありますが綺麗サッパリ完食してしまいました

あまりにもシンプルな見ため、だからこそB級グルメ
そして美味い!
浪江町で再開するのは遠い先の話かもしれませんが、いつか浪江町で食べられる日を願って店を後にしました

以上、レポっす

関連ランキング:焼きそば | 二本松駅