Subscribe: follow us in feedly

2015年5月21日木曜日

2015/5/21 ​中華そば(​陽気 江波本店@広島市中区 ​広島遠征12軒目)




営業時間のチェックミスにより汁なし担担麺の名店で食べることができず
今回の遠征は食べられなかったお店が多いなぁ
ま、少食だからどのみち全部は回れないんだけれど

電車に乗って江波駅へ
そこから12~13分ほど歩いたでしょうか
住宅街で街灯もほとんどなく薄暗い中に明るい光が見えてきました
今回の遠征で一番興味を持っていたお店、陽気
宿泊先から100mのところに大手町店がありますが
本店原理主義を貫くならば本店で食べてこそ

昨年51歳の若さで亡くなられたラーメン評論家・北島秀一氏
https://ja.wikipedia.org/wiki/北島秀一

氏の最後のツイート
イベント等で何度かお顔は拝見したことはあるのですが
話をしたことは無く
一度でもラーメン談義をしてみたかった…

日本全国のいろんなラーメンを食べた大先輩が「また食べたい」と思うラーメン
やっぱり食べてみたいじゃないですか

入店し、店内を見渡すもメニューらしいものは見当たらない
すると厨房にいたおばちゃんが
「ひとつ?」
と聞いてきたのでコクリと頷きました
こちらのお店はメニューは1つ、中華そばのみ
大盛とか追加トッピングとかもありません
なので注文は「ひとつ」と言うだけ
大食いの人は1人でふたつやみっつ食べるのかもしれませんけどねw

僕のすぐ後に入ってきた青年が
「ひとつ、ニンニク入れて~」
と注文
それを聞いて脊髄反射的に
「あ、僕もニンニク少しだけ入れてもらって良いですか?」
とお願いするとおばちゃんはスマイルで返事してくれました
このホッとする空間
初めてなのに初めてじゃないような感覚
そんな雰囲気を感じていたら着丼

まずはスープ、ニンニクを混ぜる前に1口
前日の夜に伺ったうぐいすよりも主張の強い豚骨醤油
鶏ガラも使ってる?
ニンニクを混ぜて飲んでみる
ズシンと胃に落ちていくようでありながら口の中には後味残らず
美味いなぁ…とため息が出ます

麺は細ストレート
やや固めで歯応えを感じる麺
太麺&柔麺好きである僕の好みではないのだけれど
このスープに太麺&柔麺は合わないし

具はチャーシュー、モヤシ、ネギ
不揃いのチャーシューから漂う哀愁w
もやしは関東ではあまりみかけない細いタイプ

気付いたら丼を持ち上げて完飲完食していました
もっとここにいたいという名残惜しさを振りきって退店

去年からいろんなところに遠征し
いろんな老舗店をまわってきたけれど
こんなに落ち着く店はなかったなぁ
これから先もこのまま続いて欲しい
北島氏には遠く及ばないけれど
ここのラーメンを食べたいと思った気持ちは少しだけわかった気がします

以上、レポっす

これにて広島遠征2日目は終わり
ホテルに戻って就寝
3日目に備えます


広島県広島市中区江波南3-4-1

2015/5/21 きさく(広島遠征 番外編)



広島遠征2日目は朝からアチコチ見てまわり
そして少食なのに冷麺×2、ラーメン×2、汁なし担担麺×1、計5食も食べてしまい
さすがに疲労&満腹
足の痛みもあったのでキング軒の後にホテルで休憩し
落ち着いたところできさくへ
広島で汁なし担担麺を流行らせたお店です

お店に着いてみると…CLOSEDの札が!
あれ?
21時迄じゃなかったの!?
お店の横の案内を見ると営業終了時間が訂正されてる…
また古い情報に騙されたヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

お店の中は電気が点いていて人の気配
片付けをしているんだろうなぁ…
次回広島遠征での宿題ということで再訪を近い次の店


広島県広島市中区舟入川口町5-13

2015/5/21 汁なし担担麺(​キング軒@広島県広島市中区 広島遠征11軒目)







来頼亭の後
ホテルに戻…らずにキング軒へ
広島に来たら広島ラーメン、冷麺、そして汁なし担担麺を食べなければなりませんからね(義務?
汁なし担担麺を出しているお店の中でも特に最近良く耳にするキング軒
近々東京都内にも出店するということで
(このブログを書いている時点では既に出店済み)
ちょうど宿泊先にも近いし食べてみることにしました

入店し、券売機で2辛(基本の味)のボタンをポチっとな
しかし580円というのは安いですねぇ
いくらスープが無いとはいえ、この価格はありがたい
まぁ来頼亭の中華そばも580円だったことを考えると妥当な価格なのでしょうか?
でも新華園の冷麺は1,000円だったけど…w

食券を渡し、厨房側のカウンター席へ着席
卓上には味変アイテム
わかりやすくシールが貼ってあります
また、おいしい食べ方という説明書きもあります
広島では汁なし担担麺が浸透しているのかと思いましたが
それでもこうやって親切に説明書きを定時しているんですね
読んでいたら着丼

食べる前に30回以上混ぜるとのことでしっかり混ぜ混ぜ
回数は数えませんけどねw
ある程度均等に混ざったらいただきます

麺は細ストレート
汁なしだから太麺かと思ってました
この細さが広島式なのでしょうか?
小麦感を感じる良い麺ですし、誰も良く絡みます

タレは2辛ということで程々の辛さと痺れ
辛さはもっと強くても平気だけれど痺れはこれが限度かな?
豚ひき肉の甘みが感じられてGood
ネギも麻辣に負けずに主張しててこれも良い

説明書きには最後にライスを入れて坦坦ライスにするのをオススメしてるけど
少食ですからライスは食べずにごちそうさま
食べ終えたらタレやひき肉はそんなに残ってなかったので
坦坦ライスにするなら具材が残るようにしながら食べる方が良いのかも

美味しいんですけどね
東京でもきっと流行るでしょうけどね
なんだろう…
好みの問題というか
汁なしだったら太麺で食べたいなぁと
細麺を否定するわけじゃないけれど
広島式は細麺という定義があるなら仕方ないけれど

あと、この大きな丼は何か理由があるのかな?
(混ぜやすいようにするため?)
ちょっと食べづらかった

どちらも食べ慣れれば気にならなくなるのかなぁ?
そんなこと考えながら店を後にしました

以上、レポっす

この後は一旦ホテルに戻って休憩
汁なし担担麺を一大ブームにさせた店

2015/5/21 中華そば(来頼亭​@広島県広島市南区 広島遠征10軒目)




比治山神社での参拝を終えて来頼亭へ

あ、関係ない話ですが
来頼亭という店名、アチコチにありそうですが
もしかすると日本でここだけかもしれません
そんなことどうでも良いですねw

夜の部は17時からなのでまだ開店しておらず
近くのイオンで缶コーヒーを飲みながら休憩
営業時間を10分ほど過ぎたところで入店しました

席に着こうとしたら
「食券を~」
と言われ
えっ!?
いかにも昔からありますよ~というラーメン店だから
てっきり口頭注文、券売機があるとは思いもしませんでしたw
メニューは小と大しかありません
少食ですから小をポチリ
食券を渡し、テーブル席に着いてしばし待つと着丼

さぁ食べよ、と思ったら
僕とほぼ同時に着丼したお客さんたち
いきなり卓上の醤油と胡椒をラーメンにドバドバと
えぇっ!?
醤油じゃなくてラーメンのタレなのかしら?
きっとみんな常連さんだから味見をしなくてもどんな味かわかってて
だから自分の好みにするためにドバドバ入れちゃうんでしょうね

僕は初めてですからそのままスープを飲んでみます
ドシッと来る豚骨
ややトロミがあります
確かに味は薄めなれどそんなにタレを入れなくても良いような
ま、後で入れてみますけどねw

麺は細(中細?)ややウェーブあり
意外とエッジの立った麺です
柔め仕上げで僕の好みにピッタリ♪

具はチャーシュー、モヤシ、ネギ、錦糸玉子
こちらの特徴はこの錦糸玉子ですね
聞くところによると戦後間もない頃にお客さんの栄養を考えて貴重な卵を入れることにしたとか
ぶっちゃけ、豚骨スープがかなり強いので錦糸玉子があっても無くても味に影響はありません
でも店主さんのそういう心遣いがずっと受け継がれてきているんでしょうね

途中でタレと胡椒を入れてみます
味が締まるというか、力強さが出ますね
でも個人的にはタレは入れなくても良いかな~?
豚骨がかなり良く出てますからね
ま、豚骨は日によってブレが出ますからその時々で入れたり入れなかったりでしょうか?
常連さんはみんな入れてますがw

小だったのでペロリと完食してごちそうさまでした
これも美味しかったなぁ~
地元の人に愛されている感じがヒシヒシと伝わってくる一杯でした

以上、レポっす

この後は広島で大人気の汁なし担担麺のお店


広島県広島市南区皆西翠町3-3